経済

日本の求職学生の83%が12月までに就職提案を受けました。

労働部と教育部の調査によると、3月に卒業を控えた求職大学生の83%が12月1日現在、非正規職の提案を受けた。

この数値は景気回復を期待して雇用を希望する企業が増え、コロナ19余波で急落した1年前より0.8ポイント上がったのだ。 この割合は3年で初めて増加しましたが、ファンデミック以前のレベルには及ばなかった。

非正規就職提案を受けた男子学生の割合は81.3%で0.9ポイント、女子学生は0.7ポイント増加した85%を記録した。

理工系列は87.3%、人文社会系列は82.1%となった。

地域別では、東京を含む関東の大学が86.7%で最も高かった。 一方、大阪をはじめとする近畿地方、住国-四国地域、北海道と東北地域を含む地域の大学学生は、前年比減少傾向を記録しました。

非正規就職提案を受けた大学生の割合は、労働力不足を背景に近年の上昇を見せた。

しかし、2021年3月卒業者の2020年12月1日基準の読書率はコロナ19で就職活動が制限され、4.9ポイント下落した82.2%を記録した。

高橋Mynaviの求人情報編集長は「人材不足で苦労している情報技術や建設部門など一部の産業が積極的に採用されるため、非公式就職提案を受けた学生の割合が部分的に部分的に回復している」と述べた。 。

しかし、高橋はコロナウイルスの伝染性の高いオミクロン変種感染症例が急増し続けていると述べている。 )状況。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  米国が自己会議の回復期間を経ており、勝利するのか、アメリカで民主主義が滅亡するのか

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close