日本の沖で中国の漁船が転覆し、5人が行方不明

0 min read

中国漁船が転覆して5人が行方不明になった日本西部の鹿児島県で捜索及び救助活動が続いている。

日本海岸警備隊は昨年の土曜日午後4時ごろ、北京海上構造センターで事故が受けられたという報告を受け、中国側中央線にある現場に航空機を送ったと明らかにしました。

海警は行方不明者を約1時間30分間捜索したが、見つからなかった。

日曜日の朝、海岸警備隊は捜索作戦を再開し、別の航空機を派遣した。 この日午後、瞬間艦薩摩湖も現場付近に到着して捜索に合流する予定だ。

漁船には26人が乗っており、近隣の中国船舶によって21人が救助されたという。

READ  BOTHROYD:日本、イングランド、潜在的な画期的なスターのワールドカップ予測
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours