Breaking News

日本の沖合に墜落したオスフリー航空機の残骸と5区の残骸をダイバーたちが発見したと米空軍が明らかにした。

Estimated read time 1 min read

ニュース – AP-ナショナル

先週、日本南西部海上で墜落した米空軍オスプリ航空機の残骸と乗組員の有害を潜水部が発見したと米空軍が明らかにしました。

ビデオ

山口まり
AP通信

東京(AP) – 先週、日本南西部の海上に墜落した米空軍オスプリ(Osprey)航空機の残骸と乗組員5人の有害を米国と日本ダイバーが発見したと月曜日、空軍が発表した。

米軍兵8人を乗せたCV-22オスプリ(Osprey)が去る水曜日の訓練任務中に屋島島で墜落しました。 先に被害者1人の遺体が収拾され、身元が確認された。

空軍特殊作戦司令部は、新たに発見された有害5区のうち2区を収拾したが、まだ身元が確認されていないと明らかにした。 米日合同捜索作戦は、残骸で他の船員3人の有害を回収するために努力を続けていると明らかにした。

まだ行方不明になった2人に対する捜索が続いていると明らかにした。

「最も重要な優先順位は、空軍将兵を家に連れてきて彼らの家族の世話をすることです。 今回の事件で影響を受けた家族や愛する人に対する支援と個人情報保護はAFSOCの最優先課題です」と声明で明らかにしました。

日本の海岸警備隊の管理者たちは、墜落現場周辺の海深さが約30メートル(100フィート)だと述べました。

米国産オスプリはヘリコプターのように離着陸するが、飛行中はプロペラを前方に回転させて飛行機のようにはるかに速く巡航できるハイブリッド航空機だ。

Ospreyは、米国や日本の軍事基地で使用されている日本を含む複数の衝突が発生し、今回の事故のため、安全に関する懸念が再発した。

日本は、14台のオスプリ(Osprey)で構成された独自の航空機のすべての飛行を中断しました。 日本の管理者は、米軍に安全を確認した後にのみオスフリー飛行を再開するよう要請したと述べた。 米国防総省はそのような公式な要請がなされておらず、米軍は日本南部沖縄島に配置された海兵隊版のOspreysであるMV-22 24台を引き続き飛行していると明らかにしました。

日曜日、日本海岸警備隊と現地漁船が回収した残骸彫刻が調査のため米軍に引き渡されたと海岸警備隊関係者が語った。 日本軍は収集した残骸も米国に引き渡されると明らかにした。

海岸警備隊の関係者は回収された残骸には航空機の一部と膨張式救命いかだが含まれているが、エンジンなど墜落の原因に関連するものはないと明らかにした。 現地の目撃者は、エンジンの1つで火災が発生することを目撃したと報告しました。

地元の漁船が捜索活動を支援し、毎日捕獲した漁獲量を放棄した。 公営放送NHKは、国防部が彼らの失われた収入と燃料を充当する計画だと伝えた。

日本 – 米国駐留軍地位協定により、日本当局は、米国が別途決定しない限り、米軍の財産を押収または調査する権利はありません。 日本が単独で事故原因を究明することは現実的に不可能だという意味だ。

この合意により、沖縄やその他の地域で米軍が関与した刑事事件に対する日本の調査が難しくなることが多かった。 人権運動家たちと改正を求めたデニ玉木沖縄知事を含む他の人々から、この法案は不平等であるという批判を受けてきました。

著作権2023 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  東京のSARS‐CoV‐2感染拡散と抑制機構のGPS分析を用いたエージェントベースモデル
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

宇宙研究、貨物船作戦開始週間 – 宇宙ステーション

JICA、イラクの変革的発展のためのインフラプロジェクト強化約束の更新 – イラク