経済

日本の沖縄、政府に中国の緊張緩和を促す

デニタマキ(Denny Tamaki)沖縄知事は、議会で台湾に関連する安全保障緊急事態の可能性に関する議論と、600km(370マイル)離れた沖縄がこれに巻き込まれる可能性があるという懸念について「非常に懸念している」と述べた。

玉木は第二次世界大戦以来、ほとんどの日本がアメリカの占領から独立してから20年後の1972年5月15日、沖縄の日本帰還50周年を控えて那覇県の首都でオンライン演説を行っていました。

米軍が駐留している沖縄では、この地域で中国のますます積極的な軍事行動と米国との競争による緊張の高まりについて懸念しています。 ロシアのウクライナ侵攻が北京を大胆にさせるかもしれないという懸念もある。

中国は台湾を独自の領土に独立して統治したと主張し、島を統制することは北京の政治と軍事的思考の重要な要素です。 去る10月習近平中国国家主席は「祖国統一は必ず実現しなければならず、必ず実現されるだろう」と繰り返し強調した。

中国は台湾独立擁護者と外国同盟国に対する警告と呼ばれ、ロシアがウクライナ侵攻を始めた2月24日を含む台湾領空近くで脅威的な軍事訓練と戦闘機飛行を行っています。

玉木は「台湾海峡で問題が拡大し、沖縄が攻撃対象となる事態は絶対起きたり起きてはならない」と話した。

続く緊張は、第二次世界大戦がほぼ終わる頃、約200,000人(このうち半分は民間人)が死亡した沖縄の戦いのように、日本本土によって再び犠牲になる可能性があるという沖縄人の恐れを再び呼び起こしました。

日本は、中国の軍事力増強を地域的脅威と見なし、沖縄やその他の図書を含む南西部の図書を​​防御するために兵力を移動し、ミサイル防衛システムやその他の施設を配置し、米軍や他の地域パートナーとの合同訓練を増やしています。

子午前の中国外交部の広報担当者はこの日、「日本が外交活動を利用して中国を問題として地域緊張を高め、いわゆる中国の脅威を宣伝している」と話した。 軍事拡張」

米国は台湾が自らを守ることができるように継続的に支持を表明し、中国の短期または中期軍事行動は一般的に可能性が低いと考えられています。

タマキは、中国が日本の最大の貿易相手国であり、日本が中国の二番目に大きい貿易相手国であることを指摘し、緊密な経済関係が不可欠であると述べた。

「日本政府は、中国との関係を改善するために、常に静かで平和な外交との対話を維持し、米中緊張緩和のために努力するよう促す」と述べた。

沖縄は返還当時、日本に軍事基地のない平和な島にすることを要請しました。 今日でも、依然として日本に約50,000人の米軍と彼らの軍事施設の大多数が駐留しており、Tamakiはその負担を日本全体が分担しなければならないと述べました。

米軍基地のため、沖縄は毎日米軍に関連する騒音、公害、航空機事故、犯罪に直面しているとタマキは語った。

彼は「その過度な米軍基地負担は返還以来50年が過ぎた今もまだ解決されていない」とし「沖縄米軍基地に対する負担はすべての日本人が懸念する核心外交安全保障問題」と話した。

沖縄と東京の間の最大の障害物は、人口密集地域の船天馬飛行場にある米海兵基地を多くの沖縄人の要求に応じて他の場所に移さずに沖縄に移転しなければならないという中央政府の主張です。

過去50年間、開発プロジェクトが沖縄経済に役立ってきましたが、沖縄の平均所得は依然として日本の47県の中で最も低いです。

米軍が奪った土地を他の用途で沖縄県に返還すれば、沖縄収入の3倍になるだろうと玉木は語った。

READ  日本労働組合は「男性中心」だ。 女性リーダーはそれを変えることができますか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close