技術

日本の沿岸警備隊は、不審船を自動的に追跡する技術をテストします。

日本は来年会計年度に人工知能支援システムをテストして、領海で受賞した外国船舶を自動的に検出し、追跡すると、日本の沿岸警備隊の管理が言いました。

日本が特に中国船舶による排他的経済水域での違法行為と領海の侵入が増加するにつれて、このシステムは、海洋法執行活動の負担を減らすために役立つことを願っていると彼らは言った。

衛星データを監視するAIベースの統合システムは、速度、位置、方向などの船舶の運行データを分析し、侵入を早期に検出し、予測することができる。

このシステムは、一度に複数の船舶のデータを処理することができる機能があると予想されます。 不審船が検出されると、沿岸警備隊が船を出動させます。

政府は、初期開発コストをカバーするために4億5000万円(410万ドル)を提供しており、このシステムは、2024年会計年度までに運営を開始すると予想されると沿岸警備隊の関係者が語った。 日本の会計年度は4月に開始されます。

北京は東シナ海の尖閣諸島周辺の日本領海に定期的にスンチャルソンを派遣している。 無人島は、日本が管理しますが、中国が領有権を主張しており、これを直径オウィ(Diaoyu)と呼びます。

日本と中国は領有権問題と展示の歴史問題をめぐり、まだ分裂している。

日本はまた、能登半島の前東海の豊かな漁場である大和銀行で中国漁船による不法操業が増加しているのを見ています。

今年に入ってこれまで海洋警察は、中国の船舶に海を残して命じた148件を処理したと発表した。

海洋警察庁の関係者は「違法海上活動は、早急に解決されなければならない」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Zoomは、iPadのカメラのための特別アクセスがあります。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close