理科

日本の津波の影響は、静かで賢い小説の背景です。

ローラ今井メッシーナ(Laura Imai Messina)は、2011年に日本の津波が北東海岸に沿って町から町へ、「数百種類の驚くべき話を伝えました」と書きました。

「世界の端にある電話ブース」は、そのような驚きの一つです。 Imai Messinaの静かな冠状的で目を引くの話はフィクションだが、物語は、最終的に現実にしっかりと位置の足と心を持っています。

電話ブースは、日本北部の海を見下ろすBell Gardiaという静かな崖の庭園に位置しています。 鈴木さんという名前の寛大な長老が世話を失った配偶者、子供、親、仲間に中断することなく話すことができる空間を提供しています。 本の序文によると、3月11日に10周年を迎えた災害の後作られた岩手県では、そのような場所が存在します。

悲しみ、希望、喜びを考えているImai Messinaの話は完璧な瞬間に来る。

この小説は、東京のラジオ放送ユイを中心に津波で娘と母親を失ったことに圧倒される。 1年が過ぎたが、彼女の悲しみに日がぼやけています。」毎週が大変でした。 決して来ない将来のために毎月屋根裏に数時間ずつ積もっています。 “

ユイは死別に対処するラジオ番組を進行中に電話をかけた人の話を聞くことになる。 妻が嵐に巻き込まれた人は「何も接続されていませんが、あなたの声は風に流されていく「遠い電話ブースを描いています。 ここで彼は、愛する人との会話を分割します。」こんにちは、陽子、お元気ですか? そして私は私がかつての人になったことを感じます。 ” エキサイティングなユイは北に長い旅行に行くことにしまします。

Bell Gardiaに到着した彼女は、息を呑むような不思議の中で土地を巡ります。 白、水色の屋根、「The Wind Phone」と書かれた標識がある白ブースに近づくYuiは中の人を発見した。 母の死の後で幼い娘が沈黙を守っている未亡人医師武です。

Imai Messinaはユイと猛が共有経験の友情を形成し、より深い関係の厳しい群れをナビゲートする方法を感性を避ける叙情的で叙情的なではない散文で説明します。

二人の友人は、毎月ベル教えディアへの巡礼を開始します。 彼らは一週間の文字の送信を開始します。 ゆっくりと、電話がつながります。 Imai Messinaは「二人とも、まるでハンドバッグの底に偶然二つのものがついているかのように発見されたと感じた。」と言います。 ユイはウィンドフォンで妻に言った武の献身に感心が彼らが訪問するたびに庭を歩き回ってブース中に入る力があることを確信していない。

それにもかかわらず、Bell Gardiaとその時間は両方を形成しています。 Imai Messinaは「この会議は、世界の一点に集まった二人の見知らぬ人が、他の場所に移動するために集まる感じ始めました。」彼は彼女に戻ってくる。彼女は彼に戻ってきました。」 ますます近づくにつれて武はユイに打ち明けて一つの悩みを分かち合いアドバイスを求めますが、友人や娘がついに会うまで2年が経った。その初日は一緒に物語の重要なシーンの役割をし、ユイをテストする幸せな瞬間と不安質問の両方を提供する関係を開始すると同時に、読者を前に進むようにします。

「世界の端にある電話ブース “の他のすべての章では、プレイリスト、映像、一連の引用、10の鮮やかな思い出は、1つのために用意されたお弁当の内容など散文の休憩を提供しています。 この短い部分はストーリーテリング速度を緩めずに小説に豊かな詳細を追加します。 (Spotifyでプレイリストを再作成し読みながら聞いてください。)

他の人は、自分の悲しみと喪失に話に入ります。 地域高校生の慶太は毎日剣道の練習を終えて庭園を訪問し、亡くなった母親と家族のニュースを共有します。 父の聖書から遠くない若い病院のスタッフであるShioはBell Gardia旅行2年目にYuiとTakeshiと友達になります。 ほとんどの他の人とは違ってShioは電話ブースを使用して死んだ人ではなく、生きている者と話します。

そのようなキャラクターと、そのような設定は、話を憂鬱な泥沼に追い込む危険があります。 しかし、Imai Messinaは彼女の話の強力な風のように、これらの人々を前に進みます。 彼らは質問して検討し、新たな措置を取ります。

しかし、小説の最大の感性を発揮して満足のいく結末を提供するために助けてくれたのはユイ、武は、1つのトリオである。 各自はそれぞれの方法で恐怖とかじる疑いを克服します。 それぞれは、その成長に感謝する風電話を持っています。

Imai Messinaは「奇跡を見る人がいないとき、奇跡が起こります。 幸いなことに、読者は「どれも」の例外です。 自分の世界で見て応援します。

READ  人間から採取されないので、進化した植物があるという報告 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close