日本の活動家、女性の日に二重性選択要求

1 min read

東京(AP) – 日本の女性人権運動家たちは、水曜日、ほとんどの女性が夫の城を採択するという社会的圧力を受けている現在の慣行が戦争前だと言いながら、結婚した夫婦が両方の城を維持できる選択権を政府に許可するように求めました。 家父長的家族価値に基づく伝統は、性的不平等を拡大する。

世界の女性の日を記念する集会では、数十の女性権利団体代表が、国会議員に、夫婦が1つの姓を選択するように強制する125年の民法を変えるためにさらに努力するよう促す共同声明を伝えました。

活動家たちは、東京で開かれた集会に出席した国会議員に伝えた声明で「議会がこの問題を直視し、早速民法改正を達成することを強く促す」と話した。

二重性オプションの一般的な支持が増加し、アンケートの結果、大多数は現在、結婚したカップルが別の姓を維持するオプションをサポートしていることがわかりました。 一部の夫婦は女性がほぼ常に性を犠牲にしているため、現行法が両性平等を保障する憲法に違反すると訴訟を提起した。

1898年に制定された民法によると、夫婦は結婚するとき、「夫や妻の性」を採択しなければならない。 専門家はこれが世界で唯一の法律だと言います。 法律には何の名前も明記されていませんが、家父長的な家族の価値が持続し、女性が一般的に夫の家族と結婚すると考えられるため、女性の95%が夫の姓を採用しています。

夫婦が別々の姓を維持できるようにする1996年の政府パネル勧告は、執権自由民主党の反対のためにほぼ30年間留保されました。

岸田文夫首相の保守的な執権党は、家族の価値と結婚にもっと多様性を与えなければならないという要求に直面しています。 自由民主党の多くは、伝統的な性的役割と家父長的な家族制度を支持しています。

変化を促す長年の活動家である集会主催者の坂本洋子(Yoko Sakamoto)は、今がもっと一生懸命推進する時だと述べた。 彼女は「次の選挙で変化に反対する候補に投票しないことも考えなければならない」と話した。

活動家は、1つの性要件がほとんど常に女性が妥協を強制し、職場や他の場所で公式文書や身分証明書の名前を変更する手間をかけていると言います。

より多くの女性がキャリアを築くにつれて、ますます多くの人々が法的文書に登録された姓を使用しながら、職場では結婚前の名前を使い続けたいと思っています。 現在、一部の企業や役所では、女性の従業員が職場で結婚前の名前を使用できるようにしていますが、女性は少数で自発的な措置です。

家族の問題を取り巻く古い社会的および法的制度により、日本の若い世代はますます結婚と出産を消極的にし、低出産と人口の減少に貢献しています。 一部の専門家は、女性が結婚を躊躇する理由の1つが日本の単一性政策であると指摘しています。

2015年、最高裁判所はソン氏問題について法的判断を下さずに議論することを国会に促したが、与党内の保守議員らの反発で国会審議が交錯状態に陥った。

日本の男性と女性の権利のギャップは世界最大のレベルです。 日本は、2022年世界経済フォーラム(World Economic Forum)が146カ国を対象に実施したアンケート調査で、女性のための教育、健康、その他の機会だけでなく、経済的、政治的参加に基づいて養成平等の進行状況を測定した結果。上記を記録しました。

READ  レッドブルF1の代表 "2021年RB16Bは、今季マシンの60%以上が延期される"[F1-Gate.com]
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours