エンターテインメント

日本の浜口の村上脚色、カンヌ映画祭競争

日本の監督浜口竜介が日曜日カンヌ映画祭で受賞候補を公開した。 この映画は、いくつかの自動車旅行をする時にはほとんどロードムービースタイルで表示される悲しみと後悔の話だ。

「Drive My Car」は、Murakami春樹の短編小説を脚色しました。 ベルリンをはじめとする映画サーキットで頭角を現した浜口は、文字を包み込む密閉された空間の可能性に引き付けられたと述べた。

浜口は映画のレッドカーペットプレミア直前カンヌでロイター通信とのインタビューで、「魅惑と思ったのはキャラクター間の長い会話を介して車に親しみが渡される方法だった」と語った。

7月17日まで行われるカンヌ映画祭がコロナ19の影響で、2020年に廃止された映画祭が戻ってきた。

「Drive My Car」は西島秀俊が演じた演劇俳優で監督が不倫に揺れ妻が死んだ後、一見完璧に見える結婚生活の表面の下で悪魔と立ち向かわなければなら話を描画します。

2年後には、まだ喪失感を克服するために苦労している彼は、「ワーニャ伯父さん」の多言語バージョンを制作するために、広島に旅行し運転者美咲(三浦トコ)を割り当てて、二人は旅行について話し始めます。

Hamaguchiは手話の代謝を伝達するダム女優の役割を引き受けた韓国俳優バクユリムが含まれている多言語のキャストと作業することが楽しかったと言いました。

Hamaguchiは「俳優たちの誰もお互いをより詳しく観察し、他の方法で反応するように強制するため、お互いを理解することができないという事実を発見しました。」と言いました。

日本映画は批評家たちは、特に主演俳優たちから初期に賛辞を受けた。

READ  Nintendo Switch、2020年の日本のコンソールとの物理的なゲーム市場を掌握

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close