エンターテインメント

日本の浜口の村上脚色、カーン賞を競うである

カンヌ、フランス、7月11日(ロイター) – 日本の監督浜口竜介が日曜日カンヌ映画祭で彼の賞を受賞した候補を公開した。この映画は、いくつかの車を旅行しながら、ほぼロードムービースタイルで登場する悲しみと後悔の物語である。

「ドライブマイカー “は村上春樹の短編小説を脚色しました。 ベルリンをはじめとする映画の回路で頭角を現した浜口は登場人物を取り巻く密閉された空間の可能性につながる欠けていたと述べた。

浜口は映画のレッドカーペットプレミア直前にカンヌでロイターとのインタビューで、「私が発見したのはキャラクター間の長い対話を通じて親密この車にどのように伝達されるかだった」と述べた。

7月17日まで開かれるカンヌ映画祭は、コロナウイルス感染症が原因で、2020年休業を終えて帰ってきました。

「ドライブマイカー」は不倫に巻き込ま妻が死亡した後、結婚生活の完璧な表面の下にある悪魔と対抗した西島秀俊が演じた演劇俳優兼監督を中心にします。

2年が過ぎた今もなお、自分の喪失を克服するために苦労している彼は広島に行く “バーニャ叔父”の多言語バージョンを製作して運転手美咲(三浦トコ)を割り当てて、二人は旅行についての会話を開始します。

浜口は、自分のセリフを手話で伝えるミュート女優役を演じた韓国俳優バクユリムを含む多言語キャストと一緒に作業することを楽しんだと述べた。

浜口は「俳優がお互いをより詳細に観察し、他の方法で反応するように強制するため、いくつかの俳優もお互いを興味深く理解することができないという事実を発見した」と述べた。

日本映画は、特に主演俳優たちに批評家から初期賞賛を受けました。

レポート:Hanna Rantala、編集:Sarah WhiteとEmelia Sithole-Matarise

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  より多くの位置を開く人気のアイオワエンターテイメントの場所

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close