理科

日本の海岸で再発見された「生きた化石」

日本の海岸の深海の科学者たちは、2億7千万年の間に観察されていない関係を再発見しました。


ワルシャワ大学地質学の教授であるMikołajZapalskiが率いる科学者たちは、ヘリョンまたはクリーノイドで育つ非骨格サンゴの例を記録しました。 この現象は、古生代(5億2千5百万年前から2億5千1百万年前の間)に痕たが化石記録から消えました。

「古生代の特徴であるサンゴ – クリーノイド関連 著書コミュニティ、最後まで消えました。 ペルム紀、この現在の作業は、現代の海での再発見のための最初の詳細な調査を表します。 」とZapalskiと彼のチームは、次のように書いている。 高地理学、古気候学、高生態学 先月。

古生代でサンゴがヘリョン茎から育つことは非常に珍しくています。 科学警報説明。 これはサンゴが海底から水柱まで拡張することができるようにし、より強い海流によりフィルタの供給がより簡単になりまし。

しかし、この共生関係を記録した最新の化石は、約2億7,300万年前に遡ります。 その後、このように相互作用し、特定の種のサンゴとヘリョンは絶滅され、他の種が、その関係を維持したという証拠はありませんでした。

新しい紙はそれを変更します。 2015年と2019年にポーランドと日本の研究チームは、本州と四国の日本の海岸で標本を収集した研究では、説明した。 標本は水深146メートル(約479フィート)で発見された。 彼らは、日本ヘリョンの茎から育つ二種のサンゴで構成されてい(Metacrinus rotundus)。 問題のサンゴはMetridioideaとして知られているイソギンチャクの一種であり、中では非常に珍しいhexacoralでした Abyssoanthus、Science Alertによると。

Zapalskiは彼のチームの発見を「生きた化石」と呼ばれていました。 ワルシャワ大学のプレスリリース。 しかし、現代の標本は、古生代標本としたかの重要な違いがあります。 微細断層撮影スキャンの結果によると、サンゴはヘリョンの骨格を変更していないようです。

この違いは、実際に化石記録の1億年の差を説明することができるとScience Alertは説明した。 ソフトコーラルは、一般的に化石を残しませんのでサンゴが構造を変更せずにヘリョンで育つ場合は、時間の経過に応じて失われることがあります。

これはまた、新しい発見が研究者たちが古生代の時代の関係をよりよく理解するのに役立つことを意味します。

研究著者らは、「過去の生態系の生態を理解することは、現代類似体の深い知識なしには不可能です。」と書きました。

今、彼らは最終的にアナログを持たせました。

「この標本は、最近発生した最初の詳細な記録と調査を表します。 新秘宝 crinoid(宿主)とhexacoral(epibion​​t)の関連性、したがって、これらの関連性の分析は、これらの一般的な古生代関連についての我々の理解に新たな光を放つことができます。 」と研究著者は書いている。

サイトの記事で

ウェブ関連の記事

READ  猫は幸福感を感じるよりも実用的なイユロウンつるとキャットニップが好きです

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close