経済

日本の海洋エネルギーパートナーシップでPembrokeshireベースBombora

日本で海上再生可能発電の強力な推進力がある時点でMitsui OSK Lines、Ltd. (MOL)はPembrokeshireに基づく海洋エネルギー開発企業Bomboraと地域全体の波力エネルギーの可能性を確認するために契約を締結しました。

全世界の海上輸送グループがBomboraのユニークなmWave波動エネルギー変換器の詳細な内部技術検討を完了した後、MOLとBomboraは現在協力の第二段階に進行しています。 このパートナーシップは、日本と周辺地域でmWaveエネルギープロジェクトと風力とmWaveエネルギー結合プロジェクトのための潜在的なサイトを識別することです。

MOLは、世界で最も大きな商船のいずれかを操作し、事業活動の環境への影響を最小限に抑え、二酸化炭素排出量を削減することに専念しています。 急速に成長する海洋再生可能エネルギー部門はMOLに新たな機会を提供し、海洋エネルギー部門での建設と継続的な運用に関連する船舶のための重要な需要を予想しています。 Bomboraと共同プロジェクトは、MOLの環境への影響を緩和し、地域全体での新しい持続可能なビジネスの成長の機会を促進する野望の一例です。

MOLは、海洋コンサルティング、海洋海洋運営と地域産業のサプライチェーンの知識の専門知識を、共同研究にもたらすでしょう。 これBomboraのmWave™技術とプロジェクトの開発の経験と一致して、強力な協力関係を形成することです。

Bomboraのアジア太平洋地域の開発者であるRyota Yamadaは、次のように言いました。

「私たちは、MOLと一緒にこの戦略的サイトの識別プロジェクトを遂行するようになってとても嬉しいです。 この研究では、波、ハイブリッド波と風力発電プロジェクトに適した機会を模索します。 MOLは、持続可能な海洋の運営をエネルギー部門に拡大しようとする明確な野心を持っており、日本では、このアシスタント波動エネルギーイニシアチブについてBomboraの重要な協力パートナーです。 私たちは、この海岸線の周りに素晴らしい波のリソースがあることを知っています。 MOLの専門知識を備えたパートナーが私たちと一緒にいると、この地域でのプロジェクトを進行するのに役立ちます」

山田氏は、次のように説明しました。

「炭素排出量削減に重点を置いて一緒に協力してBomboraのmWave™のための潜在的な開発サイトを見つけて、島のコミュニティのディーゼル燃料への依存度を減らすことです。 このプロジェクトはまた、日本、太平洋の海岸線の大規模な商用電源の可能性を調査することです。」

日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成するための国家目標の一環として、2040年までに30GWから45GWの間の海上風力インストールを目的としています。 経済、貿易と産業省(Meti)も2030年までに10GWの暫定目標を設定しました。 The Japanese Wind Power Associationは 500GW 日本だけで浮かぶ洋上風力発電容量を世界で最も有望で、ダイナミックな新しい海上エネルギー市場のひとつに位置づけています。 MOL / Bomboraパートナーシップは、エネルギーの生産を増加させるために洋上風力発電所に波力エネルギーを追加することにより、これらの成長の可能性を活用する機会を分析することです。

この舞台は、世界的にすることができメガワット規模の再生可能な波力エネルギーソリューションの事例を証明するために設定された。 BomboraのmWave製品は、以前に市販の波力エネルギー変換器製品の開発を妨げていた「エネルギーコスト」、「拡張性」と「海洋の生存性」の問題を同時に解決するため波動エネルギー変換器の中でユニークです。

Bomboraは現在、ウェールズで1.5MW mWave Pembrokeshire実証プロジェクトの最終組み立て段階にあり、2021年半ばに設置される予定です。

今年のテストと検証を超え春見は、技術と商業の発展に先行しています。 春見よとグローバルEPC契約企業であるTechnipFMCとのパートナーシッププロジェクトであるInSPIREはmWaveと風力発電を一つのフローティングオフショアプラットフォームに統合するために、すでに開始された。 InSPIREプロジェクトの最初のステップは、12MW統合mWaveと風力フローティングプラットフォームのデモを実現します。 2段階は、業界をリードする18MWに跳躍します。 mWaveとWindを単一のプラットフォームに統合することの重要な利点を得ることができます。 海底リースの地域で50%より多くの電力を生成し、洋上風力より50%より一貫した電力を生成することができます。 何よりも、最も重要なことは、この新興分野のコスト削減パスを加速して浮遊式洋上風力よりも20%低いエネルギーコストを提供する能力です。

日本のためのこのエキサイティングな再生可能プロジェクトパートナーシップはMOLの海洋海洋運営の専門知識と強力な地域のサプライチェーンネットワークをBomboraの優れた技術と結合します。 沿岸地域と島のコミュニティのためのディーゼル代替の取り組みを支援し、日本の海洋再生可能部門の成長を支援する機会を発見することができる肯定的な結果のための欲求があります。

READ  日本の大阪、記録的なCOVID-19の事例で緊急宣言-Media | 世界| ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close