経済

日本の消費者のためのMade-in-Thailand小型EV

TOKYO-日本の電気自動車スタートアップFommが5月一般大衆のための国内初の小型車を発売する予定だ。

東京近く川崎に本社を置いているFommは2019年にタイで電気自動車を製造し、販売を開始しました。 今、日本で修正版を販売する予定です。

スタートアップが主要自動車メーカーを上回る動きは、日本のスパッタリングEV市場を刺激することができます。

Frommの4人乗りの車は長さ2.6m、幅1.3mで、日本の軽自動車のカテゴリーに属します。 交差点は166km、最大80kphまで加速して高速道路で走行することができます。

価格は275万円(25,000ドル)で、日本の安全基準を満たすために、タイのモデルの修正版です。 この車は、日本でのカーシェア部門のビジネス管理者に提供していました。 Fommは2021年に日本で350台の車の販売を目標としています。

Fomm Oneモデルは水密底面のおかげで洪水でも動作することができます。 部分的に水に浸ったとき前輪を使用して、水を後方に推進して前方に移動して方向を変更することができます。

CEO TsurumakiはToyota Motorの子会社であるToyota Auto BodyでComs 1人の電気自動車の開発に参加しました。 彼は2011年3月に日本で発生した地震と津波の後浮力のあるEVを作ることを目的と2013年にFommを設立しました。

2019年4月からFommはタイで400台の小型車を販売しました。 同社は、タイ工場の年間生産量を約5,000台増やし、日本の1,000台を輸出する計画だ。

日本で電気自動車を製造するために、自動車産業以外の多くの新興企業や会社が登場しました。 石油会社出光高山は2022年に100万〜150万円の超小型電気自動車を発売する計画である。 宅配佐川急便の親会社であるSGホールディングスは、東京スタートアップASFと共同でテクベヨン小型車を開発する計画である。

READ  「Go To旅」「Go To伊藤「どんな制度? | 新型コロナ経済への影響

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close