経済

日本の消費者物価は、グローバル商品インフレに狭く下落

  • 7月に主要CPIは予想より少なく減少
  • 指数の基準年の変更で大きく下落
  • 食料の上昇、エネルギーコストが携帯電話料金引き下げの影響を相殺
  • 基準年の変更の影響でBOJが価格を引き下げることができます。

東京、8月20日(ロイター) – 7月、日本の源消費者物価が3ヶ月連続の下落幅を狭めたが、これは世界的な商品インフレがファンデミクによる支出の低迷によるデフレ圧力を一部相殺している信号でした。

しかし、アナリストは、日本が火曜日に緊急事態を9月中旬まで延長することにした決定が、すでに弱い家計支出に打撃を与えるとみ消費者インフレがアメリカやヨーロッパで見ることができるレベルよりもはるかに低いと予想されます。

大和証券の小山末広エコノミストは「コスト印象インフレが商品価格を上昇させサービスの価格は、ファンデミクの影響で安を維持している」と述べた。

「デルタ変種事例の増加を考えると、これらの傾向はしばらく続くだろう」と述べた。

日本の7月の主要消費者物価指数(CPI)は、原油価格が含まれていますが、生鮮食品価格を除いた数値で、前年同期比0.2%下落し、12ヶ月連続で下落した政府資料が金曜日た。

低下は部分的に、7月に記録的な39.6%急落したモバイル料金手数料より大きな比重を置くCPI基準年の変更のためでした。

しかし、下落幅はガソリン料金の19.6%急増を含む食品と燃料コストの上昇に起因する、6月の0.4%の低下と0.5%下落の市場予測よりも小さかった。

冷蔵庫・エアコン価格、宿泊費なども緊急事態が繰り返される中、一部の家具が萎縮挙げ支出をしたい信号となった。

しかし、アナリストは、企業が欧米の経済の企業のように積極的に増加するコストを家計に転嫁するには抑圧された需要がまだあまりにも弱いです。

日本の消費者物価の下落は7月に5.6%急騰して13年ぶりに最速の年間上昇を記録した卸売価格の動きと大きく対比されます。 続きを読む

生鮮食品だけでなく、エネルギーコストまで含まれている、いわゆる主要消費者物価指数は、7月、前月より0.6%下落した。

一部のアナリストは、現在の予測が基準年の効果を考慮していないため、10月に予定さ次の四半期ごとのレビューでは、データのために、日本の銀行のインフレ予測が低くなることができると言います。

7月現在の予測ではBOJは2022年3月終わる年に重要な消費者物価が0.6%上昇すると予想されます。

狙ったチュキン研究所の南武チーフエコノミストは「BOJの現在の見通しは、今年末の経済活動が正常化され始めるというシナリオに基づいている」と述べた。

しかし、回復の時期は遅れることがある」と述べた。

日本経済は、今年の最初の3ヶ月の間に低迷した後、第2四半期に予想よりも多く反発しており、消費と設備投資がコロナウイルス感染症の初期打撃から回復されている信号です。

しかし、多くのアナリストは、感染急増に対処するために、再充電された規制が家計支出に負担を与えるため、今期の成長が緩やかと予想します。

Leika Kiharaの報告; Sam Holmes編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  1,000万円に引かれて、マイナスポイントは「メルペイ」に決めた - Impress Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close