トップニュース

日本の渋野日奈子、ロッテ選手権2位

日本の渋野日奈子(Hinako Shibuno)が土曜日開かれたLPGAツアーロッテチャンピオンシップで韓国のキム・ヒョジュ(Kim Hyo Joo)を2打車で抜いて2位に上がった。

2019年、ブリティッシュ女子オープン優勝者である渋野が2位を3打差で上回って決勝戦を開始した。 23歳のこの選手は、Hoakalei Country Clubで2アンダー70打と見せずに2つのバディを打って、合計9アンダー279打を打った。

日本のHinako Shibunoが2022年4月16日、ハワイのオアフ島Ewa BeachのHoakaleiカントリークラブで行われたロッテチャンピオンシップゴルフトーナメント決勝戦2番ホールでティーショットを行っています。 (刑務所)


関連する適用範囲:

ゴルフ:Hinako Shibuno、Chevron C’shipで逆転勝利4位


渋野はパー3 4番ホールとパー5 11番ホールでバディを捕まえた。 17番ホールで見ているキム監督に遅れたパー5最終ホールに入った。

しかし、渋野が波で仕上げている間、韓国はバディ71個で最終ラウンドを終え、この日バディ3個とビュー2個でタイトルを獲得した。

野村春京(69)は3オーバー派で48位、佐々木ゆか(56)、古江彩香(67)は2打車で遅れた。

READ  日本の企業は、今年の秋から携帯電話SIMロック禁止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close