トップニュース

日本の渋野日奈子がブリティッシュ女子オープンで再び競合を繰り広げている。

渋野日奈子(Hinako Shibuno)は、土曜日のブリティッシュ女子オープン(Women ‘s British Open)で再競合を繰り広げ、南アフリカのアシュリー・ブハイ(Ashleigh Buhai)で5打後の2位を記録し、決勝戦に進出した。

2019年メジャーチャンピオンシップデビュー戦でブリティッシュ女子オープンで優勝した渋野は7位で3ラウンドに進入したがミューアーフィールドで23歳日本の6バディ、シングルビュー66打で1位を記録した。 セカンドメジャータイトルに挑戦する。

日本の渋野日奈子が2022年8月6日、スコットランドGullaneのMuirfieldで開かれた女子ブリティッシュオープンゴルフチャンピオンシップ3ラウンドで最初のティーを打っている。 (刑務所)==刑務所

部下は最後のホールでビューを含めて3ラウンド64打を打って14アンダー波で大会を終えた。 33歳の選手はLPGAで12回の通算10位以内に入って優勝はなく、現在世界ランキング84位です。

日本の渋野日奈子が2022年8月6日、スコットランドGullaneのMuirfieldで開かれた女子ブリティッシュオープンゴルフ選手権大会3ラウンド18番ホールで笑っている。 (刑務所)==刑務所

渋野は、スコットランドの象徴的なミューアーフィールドで開かれた最初のブリティッシュ女子オープンで勝負次期トーナメントを開催しました。 彼女は木曜日に65打を投げた後、フィールドを率いたが、2日目には2オーバー波73打しか記録できず、順位表で滑りました。

彼女は2019年夏にWoburnで開かれたLPGAツアー年の最後のメジャー大会で優勝し、42年間のメジャー大会の干ばつを終えながら突然評判を得ました。

渋野は「全体的に飛距離コントロールが良かったし、短いパットの上に立っていたときに安定感を持つことができた」と話した。

彼女は「最近の私の姿とは違って、本当に楽しくゴルフをしている。決勝ラウンドを楽しみ、私が学んだすべてをコースに適用したい」と話した。

去る6月女子PGAチャンピオンシップで優勝した韓国の知春人が土曜日1アンダー波70打を打って渋野と共同2位を記録している。 全斗煥のLPGA優勝4回のうち3回がメジャー大会で現在世界ランキング11位だ。

チョン・ドゥファンの田舎女パク・インビとスウェーデンのマドレーヌ・サグストロームは7アンダー派共同4位だ。

Miyuu Yamashitaは日曜日の充電を目指す別の日本人です。 彼女は土曜日にイブン派71打を打ち、現在共同5アンダー派2人と共同6位です。

LPGA 6回優勝者のNasa Hataokaは3日、合計2アンダー波211打で共同19位を走っており、他の日本人のKotone Horiは追加でシュートバックをしています。


関連範囲:

ゴルフ:渋野後退、山下、ブリティッシュ女子オープンで登山

ゴルフ:日本の渋野日奈子がブリティッシュ女子オープン1ラウンドをリードした。


READ  日本はCOVID以降インフレを見ることができるとBOJ会委員が言いました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close