トップニュース

日本の火山で火山灰噴出、人々は警告

東京、10月20日(ロイター) – 水曜日、日本で火山が爆発し、数マイルの灰を空に吐き出し管理が溶岩流と落石の脅威について警告するように促したが、怪我や死傷者は報告されていません。

気象庁は、南の主要な島九州の観光地である阿蘇山で午前11時43分頃、噴火したときの高さ3.5km(2.2マイル)の灰柱を送った。

火山警報を5段階の3段階に格上げしてアクセスしないように呼びかけており、中岳火口周辺半径約1kmの中で大きな岩が崩れて火砕流が発生する危険があると警告した。 。

地元警察は、水曜日の夜、現在までに怪我をしたり行方不明者についての報告はなく、前日早く登山を行った16人が無事に帰還した明らかにした。

テレビネットワークは、火山の上うっすらうっすら表示される火山灰の黒い雲の画像を放送して山の広い範囲を迅速に覆っています。

気象庁は、熊本県の1,592メートル(5,222フィート)の山から落ちる灰が午後遅くまで近くの村にシャワーを下すことが期待した気象庁を伝えた。

阿蘇山は2019年に小さな噴火があり、2014年9月には、ほぼ90年ぶりに日本最悪の火山災害が御嶽山で63人の命を奪った。

パク・チュミンジャーナリスト、竹中清追加報道Clarence FernandezとKim Coghillの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のSMFG、ベトナム最大の非銀行金融機関の株式9億2000万ドルの買収

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close