トップニュース

日本の牛肉丼会社、女性に「フック」した発言で引っ越す

東京、4月19日(ロイター) – 無邪気な若い女性が会社の製品に「魅了」されることについて軽蔑的な発言をした主要日本牛肉丼会社の吉野屋ホールディングス株式会社の専務が、自分の行動を「完全に容認できる」ない」と解任しました。

安価な牛丼で有名な同社の専務取締役である柳井智は、週末に東京早稲田大学で開かれたマーケティング講義でこう語りました。 会社の広報担当者は伊藤の正確な言葉を確認できないと述べた。 コメントのために連絡できませんでした。

近年、女性にこの料理の魅力を拡大するために努力した吉野家は、月曜日から会社から伊藤のすべての役職を奪ったと述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

所属事務所側は「人権とジェンダー問題の観点から彼の極めて容認できない言行を容認できない」と明らかにした。

日本は性平等のための措置を取ったが、多くの点ではるかに遅れており、世界経済フォーラムの2021年世界性別格差指数で女性の経済参加と機会部門で156カ国のうち120位を記録しました。

このテーマは日本のTwitterで流行し、多くのポスターで怒りを表明しました。

あるポスターは、「この発言を解釈しましょう。 「要するに、彼はほとんどの会社の顧客を侮辱しました。」

大学側も謝罪した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Elaine Liesの報告。 Gerry Doyle 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Spy x Family、日本で最も人気のあるアニメになりました

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close