日本の物価上昇率予想商会、マイナス金利終結まだ可視

Estimated read time 1 min read
日本1月インフレ2%上昇

2023年3月24日、日本東京のあるショップで一人の女性が物を見ています。 REUTERS/Androniki Christodoulou

東京 – 日本のコア消費者インフレは1月に3ヶ月連続で鈍化しましたが、予想を上回って中央銀行の目標である2%を維持しながら、4月までマイナス金利が終了するという期待を維持しました。

火曜日の内務省および通信省の資料によると、2%の増加は1.8%の増加に対する市場予測の中央値を上回り、原材料の輸入によるコスト上昇のインフレが減少し、生活費の上昇による苦痛を軽減する可能性があるという見解が強調されています。

しかし着実なインフレは3月13日労使賃金交渉で大企業が大規模賃金引き上げを提示するという期待を再確認させ、早ければ3~4月マイナス金利が終息することができる道を開く。

読む: BOJ、4月マイナス金利廃止すること「80%以上のエコノミスト」

石油製品を含むが新鮮な食品価格を除く日本のコア消費者物価指数は、経済学者の年間増加率中央値推定値である1.8%と比較されます。

エネルギーコストを大幅に削減

このような景気減速は、エネルギーコストの大きな下落に部分的に起因しており、これは昨年急激な上昇の基礎効果とガソリンや公課金を抑制するための政府補助金を反映して、コアインフレを異常に維持したコスト圧迫圧力が弱まっているというシグナルです。 。 日本銀行は2022年4月から2%目標を立てた。

読む:OECDが日本中央銀行に漸進的な金利引き上げを促す

今後の事件は、賃金引き上げが家計購買力を提供するほどインフレを上回り、企業がコストを引き続き転換し、インフレをBOJの2%目標で継続的に維持できるかどうかというとアナリストらは言います。

BOJが幅広い物価動向を見積もる狭い尺度で綿密に観察している新鮮食品とエネルギー価格の両方を差し引いた、いわゆる「核心核心」指数は去る1月前年同期比3.5%上昇して3.7%上昇に続いて上昇した。 12月上昇。


READ  中国は母親を助け、父親が急落する出産率を正すように励まさなければならないと人口統計学者たちは言います。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours