トップニュース

日本の田中亮メイ、ボクシングフライ級銅メダル獲得

日本のボクシング選手田中料メイが30日、東京五輪男子フライ級48〜52kgで銅メダルを獲得した。

27歳の田中は国旗カーンアリーナで行われた準決勝で、フィリピンのカルロパルラムに全会一致判定で敗れ、銅メダルを取った。

日本の田中亮メイ(赤)とフィリピンのカルロパルラムが2021年8月5日局機関アリーナで行われた東京オリンピックフライ級男子48-52kg準決勝で試合を行っている。 (教徒)

田中は1960年、ローマのゲームで清田辺が銅メダルを獲得した後、初めてのオリンピックフライ級メダルを獲得した日本選手です。

日本は東京オリンピックで、単一のオリンピック最多のメダル3個を獲得した。

入江セナが火曜日に女性フェザー金メダルを取ったし、またはミッキー月見が水曜日フライ級銅メダルを獲得した。


関連の適用範囲:

オリンピック:日本の入江セナ、東京で行われた女子フェザー級ボクシングの金メダル獲得

オリンピック:日本の並木月見、女子ボクシングフライ級銅メダル獲得



READ  EVシフトは、日本とドイツのエンジンの仕事をまな板に載せました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close