トップニュース

日本の田舎の肉売り手は大流行で大量購入を奨励

日本の田舎のオンライン肉販売業者は、コロナウイルス感染症が原因で、自宅でより多くの時間を過ごす消費者の視線を捕らえた。

カタはい純子は、2016年新潟で「鬼クジャパン」(「ミート・ジャパン」を意味する)をオープンし、伝染病の苦しみながら、家庭で料理をする人が増え、2020年に店売上高が前年に比べて10倍に増加しました。

「鬼クジャパン」というオンライン肉専門店のオーナーカタ四順子が2021年1月7日、東京北部、新潟で肉製品を展示しています。 (教徒)

「私は人々が肉の塊を手に握っているの興奮を感じ、それを準備する方法について考えるときの喜びを経験することを願っています」とKatane(45)は言いました。

主に牛肉のためのオンライン注文は、お店のFacebookページを介して行われます。

たとえば、1月中旬にKataneは「この新潟和牛牛肉をしたい人は、ここにコメントを投稿してください」という記事と一緒に肉の部分の写真をアップロードしました。 2分以内に、誰かが注文をしました。

2020年6月にフェイスブックのページが発売されて以来、日本全国の肉愛好家が訪れて「ローストビーフに最適な部位は何ですか?」のようなアイデアを交換しました。 そして「肉スライサーがお勧め?」 現在のアカウントには、20,000人を超えるフォロワーがいます。


関連報道:

串を振り回す巨大シェフが大阪でディープソース法を制定である

特徴:日本で注目される環境に優しく、健康的な植物性肉

ユーチューブで虫を食べる話題を作成する日本学生


大量の肉を消費することが知られ、米国とオーストラリアのような国の人々とは異なり、日本の消費者は、一般的に、一度に数百グラム以下の少量で肉を購入します。

しかしOniku JapanのFacebookページでKataneは、自分のお店の商品をキログラム単位で広告します。 彼女はロースやリブアイなどのブランドとカットについての情報が含まれて、顧客が自分が販売する製品の生の美しさと規模の経済を鑑賞することができるように写真を投稿します。

例えば、新潟県北部の高級日本のお米でわら育った日本の和牛牛から供給される村上牛チャック目のブロックは、kgあたり約8,500円(82ドル)で、価格が安くて、少ない量で購入するよりもはるかに安いです。 スーパーマーケットで。

Oniku Japanの買い物客は、一般的な店で入手することができないあまり知られたブランド肉を購入することもできます。

ご注文後のお客様は2-3kg単位で購入を受け取ります。

Kataneは肉を大量に販売することに情熱を持っています。 大きな肉の塊を調理することが彼女の人生の困難な時期を乗り越えてOniku Japanにインスピレーションを与えたので、彼女は言いました。

彼女は病気の母親を世話するために仕事を辞め、6ヶ月ぶりに母が亡くなりました。 悲しげKataneは社会的に避難されて自宅で孤立しました。

しかし、2015年に、彼女は誤って、より小さなステーキに誤認した2kgの肉を購入しました。 彼女はそれをどのようにすべきか知らない、冷蔵庫に保管しました。

調理方法を考えてから気持ちが良くなり、最終的には、次の年にOniku Japanをオープンしました。

「肉のブロックの強さと美しさが私の心を揺さぶった」とKataneは言いました。

彼女は、日本の多くの人が感染症の中で、家庭でより多くの時間を過ごしながら、肉を大量に購入して、必要に応じて切り調理する利点を見ることを願って。

「私は人々が牛の年で、今年牛肉を食べる楽しさを再発見することを願っています」と彼女は言いました。

READ  「ドコモ口座」否定引き出し昨年5月にも牛や銀で同じ手法教訓活用されずに? - 毎日の新聞 - 毎日新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close