日本の田舎町の映画館を再開した映画光が逆境を突き抜け、2年間の成功を自烈しました。

Estimated read time 1 min read

「誰もがここでいろいろな種類の映画を見ることができたら本当に嬉しいです」とワダは言います。 和田は自身の新設立を通じて日本の47県の中で最も少ない数の島根全体に映画館数を3つに増やしました。

日本の増田で復活した小さな映画館の和田宏明。 写真:インスタグラム/ @ fmsanin774

日本コミュニティシネマセンターによると、国内映画館の数は2002年887個から2022年590個に減った。

全国の都市、村、村の約20%だけが映画館を持っており、ほとんどは大都市圏にあります。 全体のほぼ半分が東京、大阪、名古屋を中心とした3大都市地域に集中しています。

あなたの素敵な笑顔:日本のインディーズ映画館を通して楽しい旅行

日本映画製作者協会(Motion Picture Producers Association of Japan)によると、2023年の日本のボックスオフィス収益は前年比3.9%増加した2,214億円(米ドル15億ドル)を記録し、映画館の観客数は2.3%増加した1億5,550万人を記録しました。

東京、大阪、北海道札幌など人口密集地域にマルチプレックスを新規オープンした後、全国映画館のスクリーン数は19個増えた3,653個に増え好調を見せた。

ネットフリックスなどサービスが広がり、映画を見に劇場に来る人が減っている。 他に施設を維持するのにかかる費用も要因だと思います。

和田博明、地域映画館の閉鎖について

近年、地域のハブとして機能する小規模都市が独自のマルチプレックスを設置し始め、多くの場所が大規模商業団地に設置されています。 しかし最近、和田が運営するような新しい映画館の開館は珍しい光景だ。

主に日本映画を上映する彼の200席規模のミニ劇場、島根映画館小野沢は歴史的な雰囲気を漂わせるホールを備えており、日本の多くの地域にそのような施設がないことを考えると、地域社会に大きな価値があります。

ワダは最近、数十年にわたり地域映画館の没落を主にエンターテイメントを探している若者を魅了するネットフリックスやその他のストリーミングサービスのせいにしました。

日本の増田にある島根シネマ小野沢のあるショッピングモール。 写真:X/@長岡利行

「ネットフリックスなどのサービスが広がり、映画を見に劇場に来る人が減っています。 それ以外に施設を維持するのにかかる費用も要因だと思う」と話した。

島根県は日本海沿いの東西で230kmにわたって長く狭い県です。 2008年には増田に最後に残った映画館であるデジタル劇場の増田中央が閉鎖し、現西部地域には映画館がまったくなくなりました。

映画を見に行こうとする地域住民は時間をかけて近くの広島や南西部、北県に車や電車に乗って移動しなければなりませんでした。

和田が妻の故郷である増田に引っ越す前に説得した東京のシネマチュフキ田端。 写真:Googleマップ

東京近くの千葉県出身の和田(Wada)は、2018年に島根で映画館が閉鎖されたというニュースを聞きました。 当時、彼は東京のミニシネマシネマチュフキタバタ(Cinema Chupki Tabata)を管理していました。 Chupkiは、視覚障害や聴覚障害のある人のための音声ガイダンスと字幕を提供する日本初の「誰でもアクセス可能な映画館」として知られています。

デジタルシアター創設者の増田中央の孫神田聖良(36)は、偶然チュフキーのオーディオガイド台本作成ワークショップに参加し、そこで和田の妻サラサ(40)と増田出身を知ることになった。

神田が幼い頃家族と一緒に増田中央映画館に見に行った映画を思い出しながら、増田に「映画文化を蘇らせたい」と説明すると、彼らは話を交わした。 モノノケ姫 そして 巨大

2020年にChupkiで仕事を辞め、Sarasaが妊娠した後、Wadaと彼の妻はMasudaに移動することにしました。

合弁会社設立とクラウドファンディングを通じて、和田はそこの映画館を復元することができた。

Wadaは当初、映画館が低予算映画、B級映画、ドキュメンタリーで生き残ることができると考えたと思います。 しかし、現在の経営状況では、「私たちは生存のために主要な制作物に頼らなければならない」と彼は言います。 彼は余暇にオーディオガイドをして生計を立てます。

彼は映画を見るたびに画面に登場する人々の生活に魅了されます。 映画館で映画を見ることは、さまざまな微妙さを把握するのに役立ちますとWadaは言います。

「映画は村の文化の一部であり、私はそれを守り続けたい」とWadaは言います。

READ  東京国際映画祭、スターたちが大挙レッドカーペットで開幕
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours