日本の男性、同胞のために状況を記録するためにキエフに滞在する

1 min read

戦争の音がますます近づいていますが、藤谷孝哉はカメラと一緒にキエフの中心部に残り、少し困っていました。

ウクライナの首都で結婚支援事業をしている56歳の日本人高垣は、2月24日ロシアの侵攻が始まった後、銃声と爆発がさらに大きくなったと話した。

彼の家族はキエフを離れて郊外に避難していますが、高垣は彼らと加わりませんでした。

約15年前、大阪からキエフに移住した高垣は「最悪のことが起きた時、この都市に滞在した仲間と友達を助けたい」と話した。

彼は2月28日通行禁止が解除された後、外に出て市役所の壁に弾丸マークがあり、通りでガラス窓が壊れた車を見たと話した。

人々はスーパーマーケットがドアを開くかどうかも知らずに並んで待っていた」と話した。

通行禁止指令が下された前日、彼はロシア軍の標的にならないため、日中はカーテンを打って家の火を消した。 彼は爆発と銃声が頻繁に鳴ったと述べた。

住民は2月24日にキエフを避難し始め、西に向かう道は車で支えられました。

彼の家で最も近い駅から出発するポーランド行きの列車切符は4日で完売した。 タクシー料金が3倍も上がりました。

彼は現在、都市のビデオを撮ってYouTubeにアップロードし、日本人にウクライナで何が起こっているのかを示していると述べた。

彼は、キエフの住民たちはいつも落ち着いていて、引っ越してから一度も問題を起こしたことがないと言いました。

しかし、彼が今撮影をしているとき、一部の住民は「ロシアのスパイか」と声を高めた。

彼は「キエフの人々は緊張して怒りに満ちており、ロシアがなぜここまで来たのか疑問を抱いている」と話した。

彼は両国間の共有された歴史に言及し、ロシアに親戚がある多くのウクライナ人を知っていると述べました。

高垣は、同じ国の市民が互いに戦う姿を見るようで、残念だと言った。

高垣は2月中旬に警察に状況を尋ねた。

その将校はロシアが「キエフを絶対侵攻しない」と自信を持って語りました。

しかし、2月24日、すべてが変わりました。

高垣は、ウクライナとロシアとの会談が開かれるというニュースを聞いたときに希望だったと語った。

「交渉を通じて合意するのが最善です。 両国国民ともこのような状況を望まない。 世界中の人々が平和を叫び、この悲しい戦争を止めてほしい」と話した。

ベラルーシ国境での会談は何の突破口もなく終わった。 そしてロシアの攻撃は続いた。

READ  ドルがポンドと他の5つの通貨に強い傾向がある理由
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours