日本の男性チームの2023年に成功したシーズンをリードする長期戦略

Estimated read time 1 min read





写真は2023年10月、カタールアジア地域予選でパリオリンピック出場権を確保した日本男子ハンドボール代表チームの姿。 (Copyright JHA)(写真提供:田口幸人)(刑務所通信)

東京(教徒) – 2023年は、以前に虐待されていた日本の男子バレーボール、バスケットボール、ハンドボール国家代表チームに大きな転換点となる年であり、すべて長期計画を実行して数十年間の不振を終息させました。

日本は2021年東京オリンピック開催国予選を除き、1976年モントリオールオリンピック以来初めて来年夏パリで行われる同じオリンピックに3種目すべて男子チームを派遣することになる。

日本は去る7月ネイションスリーグ(ワールドリーグ)で世界チャンピオンイタリアを破って銅メダルを獲得し、46年ぶりにメジャー国際バレーボール大会授賞台に上がり、10月オリンピック本選進出を確定した。

日本バレーボール協会は、2013年に東京オリンピックを念頭に置き、青少年たちにより多くの試合時間を強調し始め、政策変化の恩恵を享受しました。

2014年から2016年まで日本の監督だった南武正史は「7年後に全盛期を迎える選手が必要だったため、チームの選抜に大幅な変化を与えました」と話しました。

現エース石川由紀は大勢の山内明宏と小野寺大志と同様、大学時代のシニア国家代表デビュー戦を行った。 高橋蘭は青少年育成傾向が続くと、東京オリンピックまで指揮権を握った中街一一の下で大学生としてオリンピックに出場した。

南武は「選手たちが幼い頃から世界最高レベルのチームと競合する環境に置かれたのは、大変なことだった」と語った。

日本は去る9月2023年FIBAワールドカップを共同開催し、バスケットボール部門オリンピック直接出場資格を確保しました。 これらの成果は外部圧力によって強制されたが、急激な行政の変化によるものでもあった。

日本バスケットボール協会(JBA)が2つの不和を被っている男子リーグ(完全プロチームと企業チームを含む)を統合するための最後の通告に失敗すると、FIBA管理機関は、日本バスケットボール協会が2014年男女国際大会で日本の出場を禁止しました。

当時FIBAは2009年アジア選手権で歴代最低順位の10位を記録したオリンピック開催国日本の成績を懸念していることが分かった。 2016年に国内Bリーグが発足し、より多くの観客が集まり、選手たちにはより高い給与とより専門的な環境が可能になりました。

沖縄で、平島誠、川村由紀など国内選手たちの活躍は、国内リーグの質的向上を立証した。 日本は2006年以来初めてワールドカップ優勝を占めたフィンランドを含めて3勝を収め、48年ぶりに非開催国としてオリンピック本選に進出した。

日本バスケットボール協会(JBA)開発委員長東野智也(Tomoya Higashino)は、FIBAの強硬な立場を振り返り、これが強硬な愛の事例だったと述べた。

東野は「東京オリンピックを念頭に置いたペナルティキックだった」と話した。 「Bリーグが国家代表のレベルを高めた」

海外スターと国内選手の統合により、日本は2017年責任を引き受けて以来、全国協会の確固たる支援を受けてきたダグル・シグルドソン監督の指揮の下、36年ぶりにオリンピックハンドボール出場権を獲得することになりました。

現在、マケドニアのRKバルダールで活躍しているコスケ・ヤスヒラは、10月にアジアオリンピック予選で6-0の完璧な記録を達成し、バーレーンに対して32-29の最終勝利を収めるのに役立つ準外国人選手5人のうちの1人でした。

新日本ハンドボール協会金丸康文会長は、国家代表チームの発展のための戦略を立ててきた。 最初の計画の中には、ヨーロッパのパリ・サン・ジェルマン(Paris Saint-Germain)の夏のツアーがありました。

アイデアが足りない金丸は「眠っている日本ハンドボールを目覚めたかった」と話した。 「選手たちが高校のときに海外に出ることができればいいと思います。選手生活初期に挑戦する機会を作ります」

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 白穂はスモライフの次章を始める。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours