トップニュース

日本の病院がコロナ19と戦いながら特別養護老人ホームの創設者が億万長者がドゥェダ

日本の病院がコロナ19患者の治療に集中しながら、東京に上場されたAmvisが運営するような特別養護老人ホームに行く高齢者が増えています。 昨年8月以降、株価が2倍以上走りながら創業者でありCEOの恵一柴原(Keiichi Shibahara)は億万長者になった。 77%の株式を保有しているAmvisの最大株主である56歳のShibaharaは現在、10億ドルの純資産を保有しています。

Amvisウェブサイトによると、Amvisは、日本全域に41個の個人老人ホームを運営しており、現在11個、より建設されています。 芝を求める書面声明で「Amvisは、日本でホスピスビジネスモデルを確立した最初の会社であり、急速に成長して在宅医療と介護業界のリーディング企業に成長しました。」と言いました。 フォーブス

Shibaharaは、日本政府から1年後の2013年Amvisを設立しました。 実装 慢性疾患や障害のある人々が病院で受ける負担を軽減するために、自宅で療養を受けるように推奨している在宅療養の方針。 によると、 ジャパンタイムズ 日本の65歳以上の人口の割合は、全人口の28.7%を占め、世界で最も高かった。

Shibaharaは「日本では、政府の政策の変化に末期がん患者や人工呼吸器を使用している人を退院を余儀なくされています。」と説明しています。 続いて「病院がコロナ19感染患者を治療するのに忙しくて、これらの患者がアンビエントス運営する施設に殺到状況が加速された」と語った。

8月初め菅義偉首相はコロナ19確定者の増加により ポリシー コロナウイルスの患者の入院を最も深刻な場合にのみ制限します。

2020年9月終了年度の売上高は、 増加 前年比71%以上増加した92億円(8,300万ドル)、利益は12億円(1,100万ドル)と2倍に増加しました。 2020年10月から今年3月31日までの売上高と利益は、前年比でそれぞれ66%、108%増加した。

日本の中部の名古屋市で生まれたShibaharaは名古屋大学医学部を卒業して医師免許を受けました。 彼は京都大学医科大学大学院で分子生物学を専攻した。

卒業後Shibaharaは、免疫学と分子生物学を専門とする研究者で、20年の間に働いた。 彼は「医療の近くに貢献するために、「研究をやめておいたする。 彼は病院と特別養護老人ホームを有効にする社会起業家として働き始めた48歳のAmvisを設立するために種子資本を蓄積しました。 彼は言った、「企業家としてのデビューは早いものではない。」

Shibaharaは、日本では珍しい医療億万長者です。 世界の億万長者リストによると、オンラインの医療サービスプロバイダM3の創設者である谷村イタル(Itaru Tanimura)はヘルスケアで富を蓄積した唯一の日本の億万長者です。

– の助けを借りて ジェームズ・シムズ

READ  タンクに転落事故泥水中の重機操縦室内に男性遺体 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close