日本の監督がスターを招集するのは「難しい」と告白し、京王はセルティック対ランジェルの希望を得る。

1 min read

日本監督のハジメ森康は、2月のワールドカップ予選のために古橋教告を招集するのが「難しいだろう」と認めた。

監督は、彼がセルティックスターを彼のスクワッドにドラフトすることはできないと提案しました。 つまり、彼がダービー対決に彼の適合性を証明するならば、2月2日にレンジャーズと自由に対決できることを意味します。

ファンは、このフォワードが国際的なコミットメントのためにダービーでプレーすることができなかった選手の一人であるかどうかを知るのを待っていました。

日本Jリーグ選手たちが1月27日、中国と、2月1日にサウジアラビアと決定的な衝突を控えている月曜日訓練キャンプに向かう。

そして森洲氏は、このような固定具が登場しても、京王の存在によって強化されないと提案した。

「吉田まや、水戸薫、室谷清、古橋京郷も難しいという報告を受けました。

「毎回招集された選手が走れないというのは、チームに苦しむことだ」

しかし、キョーゴは、負傷のためにヒブズとの月曜日のプレミアシップの試合について懐疑的に見えます。

26歳の選手は、平日のレノックスタウンで残りのケルト選手団と訓練していませんでした。

READ  Watch Japanは実際に持続可能な市場だとStrategasのソン氏は言います。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours