スポーツ

日本の監督は、チームにとって重要なワールドカップ優勝のためにチームを構築することを促してソンフングミン再度記録します。

日本はグループBの最初の3試合で2試合を敗れ危機のホーム試合に出たが、85分、オーストラリアのアジズベヒ流れのオウンゴールで決定的な3点を得た。

日本は2022カタールワールドカップ自動出場権2つを競うのもオーストラリアとサウジアラビア負けているが、この勝利でB組大きく開かれたワールドカップ予選のキャンペーンで11連勝という訪問者の記録を終えました。

一方、アジア地域予選A組1位トッテナムのソンフングミン2試合連続ゴールを決めた韓国はイランとの試合で14分を残して1-1の引き分けを記録し、デッドロックに陥っている。

窮地に追い込まれた日本の森安監督は「私たちは最後まであきらめずに戦い続けた。私たちは、ワールドカップに進出することを決めた、それを今夜見せた。

「すばらしい勝利だった私たちにはまだ厳しい試合が多く残っています。私たちは、この勝利を活用して、これを土台に成長する必要があります。 ”

日本のマスコミは、Moriyasuがin-formオーストラリアに勝つよりも小さいものの仕事を失う可能性があると推測しており、監督は埼玉で終了のホイッスルが鳴った後、ゴールの後ろにファンに拍手を送る特別なポイントを作りました。

彼は「ファンに応援を送ってくれたことに感謝したかった。選手たちに勇気を与えた」と述べた。

「非常に難しい試合だったが、選手たちまで持ちこたえたのは、観客の支持のおかげであった。」

日本は1994年以来初めてワールドカップに進出していない可能性があるという事実を知って試合に臨みました。

Ao Tanakaは8分に先制ゴールに最適な出発を提供したが、オーストラリアのAjdin Hrusticは69分、直接FKで同点を作りました。

しかし、浅野琢磨がシュートを抜け出そうBehichは5分を残してボールをオウンゴールにした。

オーストラリア監督グラハム・アーノルド(Graham Arnold)は「2ゴールが惜しい2点目は、偏向だった」と語った。

「特に後半に、私たちが支配したと考えた。」

Takumi MinaminoはBehichが日本の開幕戦でカットアウトしていない、低クロスをプレイしTanakaはゴールキーパーMaty Ryanを抜いてボールをドリルで穴を開けました。

しかしSocceroosは後半に反撃しHidemasa MoritaがHrusticを倒した時にPKを得たと考えています。

主審はVAR検討した後ボックスの端からのFKに決定を変えたがHrusticもかかわらず、Shuichi Gondaを通り過ぎボールをばたんと閉めた。

日本はライアンが伊藤純也を躊躇して古橋京選ぶ交換した後、ベヒ値オウンゴールを入れるなど、勝者を狙う必死の戦いを繰り広げた。

Arnoldは「勝利の記録は終わったが、我々はまだその記録を保持しており、選手たちの素晴らしい成果です。」と言いました。

「私たちは、今、それについて話をすることをやめてワールドカップのキャンペーンを行うことができます。 ”

READ  大幅に増加し、広島塹江名品炊飯器の購入も体重増加に使用していない - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close