スポーツ

日本の直美大阪、ファンパシフィックオープンでスランプ突破を目指す

高軍奮闘する直美大阪は、今週ホームファンパシフィックオープンでスランプを抜け出すために努力しながら、今年「気よりも下落」を経験したと月曜日認めた。 世界1位と4回のグランドスラムチャンピオンの彼女は、過去3回のトーナメントの最初のラウンドで墜落した悲惨なランニング以来、女性テニス世界ランキングで48位に急落しました。

日本24歳のこの選手は昨年オーストラリアオープン以来一度も優勝できず、今シーズン負傷で苦労しています。 しかし、大阪はコロナウイルス感染症以来初めてトーナメントが再開されたにもかかわらず、3年前ですが、彼女がディフェンディングチャンピオンの東京で開かれたWTAイベントで船を正すことを希望しています。 USオープン準決勝に進出したフランスのキャロライン・ガルシア、ウィンブルドンチャンピオン・カザフスタンのエレナ・リバキナ、スペインの世界4位のパウラ・バドーサなどの分野で激しい競争を繰り広げる予定だ。

大阪は「今年が一番良い年ではなかったが、自分自身についてたくさん学んだ」とし「健康で幸せだ」と話した。 「人生は起伏があり、今年はより多くの起伏がありましたが、全体的に今の位置にはかなり満足しています」 大阪は1年中上位10位圏外にあり、フランスとUSオープンでいずれも1ラウンド敗北を経験しました。 彼女はアキレスガンの怪我でウィンブルドンで棄権した。 もともとランキングポイントが与えられないため、トーナメントをスキップすることを考慮した後だった。

また読む| チェコ10代リンダ・プルヴィルトヴァ、チェンナイオープン優勝

大阪はスポーツサミットから落ちることが余裕が難しかったことを認めた。 彼女は「今は明らかにないところにあるべきだと感じたので、最初は少し大変だった」と話した。 「私の考えには、私自身と平和に過ごすことがより重要だと思います。私がここにいる理由はあることを知っています。」 大阪は昨年東京オリンピックに非公開で参加した後、再び日本のファンの前で遊ぶことを楽しみにしているが、貧しいシーズン後に自信を回復するには「私のフォハンドをもっと信じなければならない」と話した。

彼女は最初のラウンドでオーストラリアの世界55位のダリア・サビルに対してキャンペーンを開始します。 大阪は米国オープン以後引退したテニスの伝説セレナ・ウィリアムズに敬意を表し、「人々の空席を埋めて努力することを克服した」と話した。 大阪は「誰もがユニークなので、そうすることはできないと思います。私たちは皆、それぞれの道を進んでおり、それぞれの旅を歩いています」と語った。 「このスポーツとそれ以上のために彼女がしたことは本当に驚くべきことです。

READ  Dave Rennieと彼のWallabiesは、イングランドに対して故郷の土地から配達する必要があります。 オーストラリアラグビーユニオンチーム

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close