トップニュース

日本の知事がコロナウイルス対策議論

日本の知事は、コロナウイルス緊急事態が延長された後の土曜日にオンラインで会いました。 いくつかは、宣言を段階的に解除する必要があると提案しました。

中央政府は、東京、大阪、神奈川など10県について、3月7日までの緊急事態を延長した。

黒岩維持神奈川知事は、次の週から施行される改正されたコロナウイルスの特別措置法が慎重に適用されると述べた。 彼は規定されたコマンドと罰のためのガイドラインを中央政府に要請した。

吉村博文大阪支社はある程度の効果があることが確認された地域で、緊急事態を段階的に解除しなければなら言いました。 彼は改正法に記載されてコロナ19拡散防止措置を適用するための基準を中央政府に提示することを促した。

Mimura Shingo青森支店は対象地域だけでなく、様々な事業が緊急事態の影響を受けたと言いました。

多くの州知事が中央政府の追加経済と雇用措置を要求しました。
彼らはまた、政府の予防接種計画に関する追加情報を迅速に提供することを要請しました。

全国知事会は、緊急時の宣言が適用される地域の外側を含む企業と労働者を支援することを政府に要請する緊急提案を収集する予定です。

READ  日本で米軍の活性COVID-19事例の数が減少し続け - 太平洋

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close