理科

日本の研究チームが第一次臨床でiPSベースの角膜移植安全性を証明

大阪大学研究チームは、4人のほぼ盲目の患者に、誘導万能幹細胞またはiPS細胞から抽出した角膜組織を移植した世界初の臨床試験が長年にわたり安全かつ効果的であると結論したと月曜日、明らかにした。

西田高地教授が率いる大阪大学研究チームによると、移植された細胞に対する拒絶反応や腫瘍発生を経験した患者はなく、いずれも症状が改善された。

患者の3人は視力改善を経験し、1人は0.15から0.7に改善されたと研究チームは伝えた。 この功績により、2012年にノーベル生理医学賞を受賞した京都大学のShinya Yamanakaが開発したiPS細胞は、あらゆるタイプの体組織に成長することができます。

次の段階は2023年の臨床試験で、今後3~4年以内の実用化を目指す。

新しい治療法が移植拒否と慢性的な角膜ドナー不足の問題を解決できるという希望がある。 2021年3月末現在、日本で約1,700人の患者が角膜寄付を待っていた。

臨床試験手順は、京都大学に保管されている他の個人のiPS細胞で角膜細胞を培養し、0.05mm厚のシート状角膜組織を作ることでした。

西田は記者会見で「この手続きが世界中で行われることを願っています。

移植は、2019年7月から2020年12月の間に角膜を産生する眼細胞が消失して発生する角膜上皮幹細胞欠乏症に苦しむ30~70代患者4人を対象に行われました。

移植に加えて、視力を悪化させ、視力を失う可能性のある病気に対する効果的な治療法はありません。

1年間患者を監視した結果、移植組織が拒絶されず、角膜混濁が改善されたことが確認されました。

直径約11mm、厚さ0.5mmの透明な膜である角膜は、目の最も外側の保護層で、外部物質に対する水晶体とバリアとして機能します。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  プラスチックの化学物質の心配な洞察

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close