日本の研究者、生成AIを使って想像のイメージを再構築することに成功

Estimated read time 1 min read

日本の研究者たちは、AI技術を使って人々の脳活動からイメージを再構築する方法を開発したと述べた。

このグループには、国立量子科学技術研究所(QST)および他の組織の研究者が含まれています。

研究者らは、人間が様々な風景や物事を眺めるときに現れる神経信号を記録した。

次に、実際の画像の物理的特性を数値に定量化し、神経信号を数値に変換する独自のプログラムを開発しました。

このプログラムを使用すると、風景やその他のもののイメージを数字に変換できます。 その後、人工知能は修正過程を経て精神イメージを再現することになります。

想像したイメージを再構成することに成功した人は今回が初めてだと研究チームは明らかにした。

QSTの研究者である真島慶(Majima Kei)は、人間は顕微鏡やその他の装置を使って肉眼で見ることができない世界を見ることができたが、人の心の中に入ることはできなかったと言います。 真島は人間が他人の心の中を覗くのは今回が初めてだと言います。

研究チームは今回の発見が言葉やジェスチャーを使わずに脳が人々の意図を伝えることができる新しい装置の開発につながることを願っている。 研究者はまた、今回の研究が幻覚と夢のメカニズムを理解するのに役立つことを願っています。

READ  日本、ロシア産ダイヤモンドの輸入禁止
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours