日本の研究者が作った世界初の木造衛星

1 min read

世界初の木造衛星は日本の研究者によって製造され、彼らは彼らの小さな直方体の宇宙船が9月にSpaceXロケットに載せられて発射されると述べました。

京都大学の科学者や伐採会社である住友森林(Sumitomo Forestry)が開発した実験用衛星の各辺の大きさはわずか10センチ(4インチ)に過ぎません。

プロデューサーは、デバイスが再び大気に入ると、木材が完全に燃焼することを期待しています。 これにより、地上に戻ると、衛星が地球に戻るときに金属粒子が生成されるのを回避する方法が提供される可能性があります。

開発者たちは火曜日に衛星の完成を発表し、これらの金属粒子が環境と通信に悪影響を及ぼす可能性があると述べた。

宇宙飛行士であり、京都大学の特別教授である東高尾は記者会見で「金属で作られていない衛星が主流にならなければならない」と述べた。

開発者は、モクレンの木で作られたLignoSatという衛星を来週、宇宙局JAXAに渡す予定です。

彼らは9月、ケネディ宇宙センターからISS(国際宇宙ステーション)に向かうSpaceXロケットに乗って宇宙に送られると述べた。

そこで衛星は日本のISS実験モジュールから放出され、強度と耐久性をテストします。

住友林業広報担当者は水曜日、AFPに「衛星が変形の兆候と衛星が膨大な温度変化に耐えられるかどうかを確認できる研究者にデータが送信されるだろう」と述べた。

また、火曜日には、欧州宇宙局(ESA)とJAXAの協力で別々の洗練された衛星を搭載したロケットが、気候変動に対抗して戦う際に雲がどのような役割を果たすことができるかを調査する任務のためにカリフォルニアで発射されました。

EarthCARE衛星は3年間、地球上約400km(250マイル)の軌道を回します。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  SpaceXのFalcon 9ロケットは2021年の世界の軌道打ち上げを掌握しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours