日本の研究者が南極氷の下でデータを収集するのを助けるシール

1 min read

TOKYO:アンテナ付きヘルメットを着たシールは不思議に思えるかもしれませんが、それぞれの頭に580gのモニタリング装置を備えた8匹のWeddell Sea Plantは、日本の研究者が南極大陸の厚い氷上の下で水を調べるのに役立ちました。

2017年3月から11月の間に研究プロジェクトに使用された南極の冬 – このシールには頭部に取り付けられた導電率、温度、深さセンサーが装備され、科学者は次の地域で水温や塩度などの観測データを収集しますすることができます。 非常に厳しい環境条件。

プロジェクトリーダーのNobuo Kokubunは、これらの研究は科学者が動物の行動パターンと生態を追跡するのに役立つと述べた。

国分はロイター通信とのインタビューで「夏には砕氷船に乗って南極大陸に行き、実際の研究活動を行い、そこからデータを収集することができますが、冬にはそんなことが多い場所では行えません」と話しました。 金曜日。

しかし国分は「そのような状況でも南極一帯にはシールなど多くの動物が住んでいるため、彼らにデータを収集しなければならないと考えた」と付け加えた。

7匹のシールで首尾よく収集されたデータによると、そのうちの1匹は南極の日本昭和基地海岸から633km(393マイル)離れた場所を旅行し、もう1匹は700m(2,297フィート)の深さまで降りた。

Kokubun氏は、科学者たちがデータを通して、外海の上層階で暖かい海水がその年の3月から冬まで南極大陸に到達したという事実も学んだと述べた。 水は氷の下に流れ、シールの主な供給源である南極クリルエビのような海の生き物を連れてきました。

地球温暖化が南極沿岸地域に及ぼす影響をより詳細に調査するために、コクブンは次にペンギンのような南極の他の動物に適合するように装置を小さくすることを望む。

「ペンギンの利点は、彼らが同じ場所に戻ってすぐにデータを収集できることです。また、私たちは多くのペンギンにデバイスを使用して広い領域をカバーできる」と述べました。

(Akira TomoshigeとIrene Wangの報告、Travis Teo、Karishma Singh、Gerry Doyleによる編集)

READ  2020ドバイエキスポ開幕
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours