日本の研究者が目から発展する研究を開始

Estimated read time 1 min read

青森市の研究者らは、潜在的な電力不足をカバーするための再生可能なエネルギー源を確保するために目から電気を生成する方法を研究し始めました。

毎年大雪が降る青森市は去る12月に捨てられた小学校プールで積もった雪と周囲の空気の温度差を活用してエネルギーを生産する実効性を調べるための試験事業を始めた。

共同プロジェクトでは、地域情報技術のスタートアップであるForte Co.と東京の電気通信大学は、貯蔵された雪で冷却された液体が周囲の空気の熱によって気化したときに発生するエネルギーでタービンに電力を供給する方法を探しています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  SGX Niftyはインド市場の平らな始まりを表しています。 アジア株式混雑税、米国技術株下落などグローバルシグナル
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours