経済

日本の研究者らは、ダチョウ細胞を使用して輝くCOVID-19検出マスクを作成します。

東京、12月10日(ロイター) – 日本の研究者がダチョウ抗体を使用して紫外線の下で輝くコロナ19を検出するマスクを開発しました。

塚本康弘(Yasuhiro Tsukamoto)と日本の西京都大学(Kyoto Prefectural University)の彼のチームが発見したこの発見は、自宅でウイルスに対する安価なテストを提供できると彼らはプレスリリースで述べた。

科学者たちは、鳥が病気に強い耐性を持っているという以前の研究に基づいて、新しいコロナウイルスを標的とするダチョウ抗体でコーティングされたマスクフィルターを作成することから始めました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

塚本康弘京都府総長兼獣医博士が日本の京都でダチョウ卵を抱えているこの資料写真で、2021年8月に京都府立大学が公開しました。 REUTERS ATTENTION EDITORSによるKPU/配布資料 – この画像は第三者から提供されました。 必須クレジット。 再販なし。 アーカイブはありません。

小規模の研究では、被験者はマスクを着用し、8時間後にフィルターを除去し、ウイルスが存在する場合は紫外線の下で輝く化学物質を散布しました。 COVID-19に感染した人々が着用したフィルターは鼻と口の周りで輝いていました。

チームは、ウイルスが検出されたら特別な照明なしでマスクが自動的に輝くようにマスクをさらに開発することを願っています。

獣医教授であり、大学の総長である津本は、鳥インフルエンザ、アレルギー、その他の病気と戦うために免疫力を調整する方法を見つけるために長年ダチョウを研究してきました。

塚本は、刑務所通信に特別なマスクの1つを着用した後、コロナ19に対する自分の陽性反応を発見し、確認したときに光が出ることを発見したと述べました。 診断は標準検査後に確認した。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

理香子丸山とロッキースウィフトの報告。 マイケルフェリー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  急増するCOVID-19の事例が抑えられ、需要を抑圧とBOJ取締役が言いました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close