トップニュース

日本の確定者の急増により検査需要の増加

日本の毎日のコロナウイルス感染者は日曜日に2日連続で50,000人を超えました。 学校や職場で急増する事例により、より多くの人々が地域社会診療所で検査を受けようとしたからです。

東京のある診療所は金曜日に開園してから30分で全ての検査席が満たされました。

首都の保健所があまりにも薄くなり、陽性に見えた人々の密接な接触者の追跡を停止しました。

テストキットの欠如は深刻な問題を提起しています。
クリニックは、2週間で予備抗原テストキットが使い果たされると述べた。

来月から追加接種を始める計画を​​放棄した。

診療所長は、良性判定を受けた人と密接に接触しても症状がない限り、検査を控えれば役に立つだろうと述べた。 症状が現れる場合にのみ医療機関を訪問しなければならないと述べた。

東京は日曜日に9,400人以上の新しい事例を報告しました。
1日の集計は1週間前の数値の2倍以上です。

東京都は家族にコロナウイルスを広めることができる無症状感染者のための宿泊施設を開放します。 施設には350台のベッドがあり、在宅勤務のためのブースもあります。

小池百合子東京都知事は火曜日開場を控えて施設を訪問した。

コイケは「症状のない感染者のためにこの施設を設けた。彼らが効果的に使用してほしい」と話した。

コロナウイルスが日本全域に広がり続けています。
現在、16の県で集中感染対策が施行されています。

大阪をはじめとする他の都道府県も中央政府に緊急事態を宣言するよう要請した。

READ  アドバイス - PDFファイルで提供される日本の保険会社投資計画に関する話

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close