日本の福島原子炉で溶けた核燃料を除去するロボットがまもなく試みられる予定だ。

1 min read

東京(AP) – 破壊された日本の福島第一原子力発電所の運営者は、火曜日遠隔操縦ロボットが今年末、最初に損傷した原子炉3つのうちの1つから溶けた燃料残骸の小片を回収する方法を火曜日に実演しました。

東京(AP) – 破壊された日本の福島第一原子力発電所の運営者は、遠隔操縦ロボットが今年後半に損傷した原子炉3つのうちの1つから溶けた燃料残骸の小片を回収する方法を火曜日に実演しました。 2011年崩壊

東京電力ホールディングス(Tokyo Electric Power Company Holdings)は、10月まで福島第一2号原子炉に「テレスコスタイル」拡張型パイプロボットを配置し、一次格納容器からの破片除去をテストする計画だ。

その作業は予定より2年以上遅れました。 溶融燃料の除去は2021年末に始まる予定でしたが、遅延のために困難を経験しました。

ロボットが開発された日本西部神戸の三菱重工業造船所でデモンストレーション中に、鉗子が装着された装置が伸縮型パイプからゆっくり砂利杭の上に降りて顆粒を拾う姿が見られた。

TEPCOは、福島原発テストから3g(0.1オンス)未満の破片を除去する予定です。

TEPCO燃料破片回収プログラムの管理者である中川裕介(Yusuke Nakagawa)は、「第2号機から来る燃料残渣除去試験は、今後の解体作業を着実に遂行するための非常に重要なステップだと思います」と述べました。 「安全で着実にテストを削除することが重要です。」

損傷した原子炉3基内部には約880トンの高放射性溶融核燃料が残っています。 批判論者たちは、政府と東京電力が定めた福島原発浄化期間を30~40年に設定したのが過度に楽観的だと言います。 各原子炉の被害は異なるため、計画はその条件に対応する必要があります。

原子炉の内部で溶けた燃料の残骸をよりよく理解することが解体の鍵です。 東京電力は、ロボットが届かなかった地域のイメージを捉えるために、今年初め1号原子炉の基本格納容器にミニドローン4台を配置しました。

___

APビデオジャーナリストAyaka McGillがこのレポートに貢献しました。

山口まり、AP通信

READ  モリスジョンソン死亡記事 - アップルトンポスト三日月
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours