日本の福島原発で処理された排出物は安全だとIAEA事務総長が訪問で明らかにしました – Action News Jax

Estimated read time 1 min read

日本の双葉 — (AP) — 国連原子力機関の首長は、福島第一原子力発電所で進行中の放射性排水排出を直接観察しました。 議論の余地のあるプログラムが数ヶ月前に始まりました そしてこれを「励まし始める」と呼びました。

ラファエル・グロッシ国際原子力機関(IAEA)事務総長は、処理された放射性水が膨大な量の海水と混合することを観察し、水サンプリングステーションを調査しました。 彼は東京電力ホールディングスの小早川智明社長の護衛を受けた。

中国を含む周辺国と漁業団体は、放流に反対して放流が始まった直後、日本の水産物の輸入を全面禁止した。

グロシーは去る7月に工場を最後に訪問しました。 排出による影響はわずかであると予測するIAEAレビューを発表した後。 その後、IAEAの総合報告書では、排出物が国際安全基準を満たしていると結論付けた。

2011年の地震と津波により、福島原発の電力供給装置と原子炉冷却機能が損なわれ、 原子炉3つの崩壊を誘発 そして、大量の放射性排水が蓄積されます。 10年以上の浄化作業の末、同工場は去る8月24日から水を処理して海水に希釈して放流し始めたが、この過程は数十年かかると予想される。

Grossiは、IAEA事務所と工場の研究室が排出物の独自の独立した評価を行っており、結果が予想と一致したと述べた。

彼は「行く道が遠いので、私たちは「これは終わった」、「これは大丈夫」と絶対に言わない」とし「非常に肯定的で励まし始めると言いたい」と話した。

グロッシ首相はまた、地元の公務員と漁業および企業団体の代表者と会い、「環境、水、魚類、堆積物に影響を与えずに」排出が進んでいると確信しました。

Grossiは、「私たちが生産する製品に制限を課す科学的な理由はありません」と述べました。

彼は後に記者たちに「中国の観察」を知っていると話し、「ここでの作戦に関して中国と持続的で非常に建設的な対話を交わしている」と述べた。

彼は「IAEAがすることの権威と公平性に疑問の余地がない」とし「中国や他国との対話が建設的であり、私たちがすべての保証を提供できると確信する」と話した。 必要に応じて」

日本のシーフードに対する中国の禁止措置は、主に北海道のホタテ輸出業者に打撃を与えました。 東京は、他の輸出先を見つけるのに役立つ措置を含む、報酬やその他の支援を含む1000億円(6億8千万ドル)以上の資金を割り当てました。

放流により大きな打撃を受けた福島漁業がさらに打撃を受けるという懸念にもかかわらず、国内での評判は損なわれませんでした。

Grossiは、「透明性、技術的正確性、幅広くオープンな正直な会話と協議」の重要性を強調しました。

岸田文夫(Kishida Fumio)首相政府は、ロシアの全面的なウクライナ侵攻による燃料費の上昇と脱炭素化目標達成圧力に対応して、既存の脱原発計画を取り消して原子力利用を加速している。

グロッシ首相は、木曜日の上川洋子日本外相と会談を行い、非拡散、原子力利用、保護のための支援分野でIAEAと日本間のさらなる協力について議論することが予想されます。 ロシア軍、ウクライナ原発押収

READ  RTL Today-震度9.0の地震:数字で見た日本の2011年の災害
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours