日本の科学者が基礎科学にもっと資金を求める

1 min read

日本の科学者たちは、基礎研究に対する資金援助を増やす必要があると要求しています。ソース: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty

日本の数十万人の科学者を代表する500以上の機関が政府に主要な科学支援機関の予算を増やすよう促す請願を始めました。

それだけ 請願 科学研究のための支援金(KAKENHI)プログラムの資金援助を増やすように促します。

東京大学の生化学者であり請願を支持する組織の一つである日本生物科学協会連合会長の和重東原氏によると、KAKENHIは好奇心に基づいた研究に重要な資金を提供しました。

請願書では、KAKENHIは、誘導多能性幹細胞などのノーベル賞受賞の発見を含む、日本の最も注目すべき科学的成果につながった研究に資金を提供したと説明しています。

他の補助金は、社会的適用や政府の優先分野が明確な研究に使用できますが、KAKENHIは日本の最も重要な基礎科学資金援助員であると東原は言います。 KAKENHIの資金は、すべての学問分野で日本の研究者が利用できる唯一の競争的補助金だと述べています。

絶対的な面で、KAKENHIの年間予算は過去10年間に変動がなく、2,400億円(15億ドル)にわずかに満たなかった。 インフレと円安を考慮すると、プロジェクトごとに割り当てられた平均金額は、2013年から2022年(データの最終年)の間で半分に減少しました。

東京大学の分子生物学者である後藤幸子は、請願を始め、「円安の下落、出版コストの上昇、昨年のインフレのため、学界は限界を超えた」と述べた。

立場が低くなる

この請願は、国家の研究の立場が減少するという懸念が高まった時期に提起された。 2023年レポート 日本文部科学省(MEXT)の発表によると、影響力のある研究の尺度である最も多く引用された論文の上位10%を保有している国で、日本の世界ランキングは13位に落ちた。 政策アナリストは、これらの低下の理由の1つが資金調達の減少であると述べています。 多くの高所得国が過去20年間で研究支出を大幅に増やしましたが(例えば、中国は10倍以上増えました)、日本の総支出は実質的に10%だけ増加しました。

衰退を防ぐために、日本政府は「選択と集中」戦略を推進し、国家が競争できると考えるいくつかの分野に資金を投資しました。

しかし、東京工業大学の細胞生物学者であり請願共同主催者である広木村は、請願の主な目的がこの戦略に挑戦することだと言います。 彼は「いろいろな革新の種を育てなければ、日本科学の未来はない」と言います。 彼は、日本政府がKAKENHIと他の補助金プログラムを自分が選んだ大学や学問分野にますます投資しており、他の研究グループは資金のために苦労していると述べている。

ドーハラによると、請願はKAKENHIに焦点を当てると言います。 KAKENHIは達成可能な目標だからです。 請願にはプログラムの目標金額は明記されていませんが、主催側はインフレと増加する出版費用を考慮すると、国際競争力を回復するには最低4,800億円(現在の年間予算の2倍)が必要だと述べています。

しかし、与党である自由民主党の科学技術革新戦略研究委員会で活動する政治家の慶太郎大野は、資金支援金を増やすだけでは簡単ではないと言います。 彼は、何十年も大きく改訂されていない資金調達メカニズムを再構築する必要があると述べています。 大野は一般的に科学者のための資金援助の拡大を支持していますが、KAKENHI補助金プログラムは他の研究資金支援プログラムと一緒に考慮すべきだと言います。 彼は「大学の改革でかなりの進歩を遂げているから」「代わりに資金調達メカニズムを根本的に再構築する」と言います。

自然 科学技術革新政策局に請願に対する意見を要請し、回答を記事に更新する予定です。

READ  NASA、2046年に地球と衝突する可能性のある新しい小惑星追跡
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours