理科

日本の科学者たちが初の3Dバイオプリンティングマーブル和牛ビーフ生産

実験室で栽培した肉の世界はバーガーで鶏の胸肉、ますます複雑化する一連のステーキに至るまで、あらゆる種類のおいしい食べ物ですぐにいっぱいになっています。 培養牛肉の範囲を拡大する日本大阪大学の科学者たちは、最先端のバイオプリンティング技術を活用して、日本の有名な和牛牛霜降り質感に似ている最初の実験室培養 “牛肉”を生産しました。

2009年のジメジメ豚肉と似たような素朴な開始から数年の間に登場したクラシックステーキとリブアイに至るまで、実験室で栽培した肉は飛躍的に発展しました。 最も洗練された例は、生体印刷を使用して他の細胞型に成長して分化するように育ててい、最終的に必要な動物の組織に蓄積されている生きている細胞を「印刷」します。

大阪大学の研究チームは、和牛(Wagyu)牛から採取した幹細胞を出発点に小衛星細胞と脂肪由来幹細胞の2種を使用した。 この細胞は、培養されて、筋肉、脂肪、血管の個別の繊維を形成するために必要な他の細胞型になるように同感しました。 その後、霜降りによく知られている和牛の高い筋肉内脂肪の含有量と同様に3Dスタックに配列しました。 sashi 日本で。

回路図は、世界初の実験栽培和牛牛肉の製造技術を示しています。

大阪大学

一口サイズの日本の金太郎アメキャンディの生産からインスピレーションを受けた技術では、スタックを垂直方向にスライスして実験室で栽培した牛肉の部分を作成します。 このプロセスによって、複雑な肉構造内で高度にカスタマイズすることができます。 この場合、科学者たちは和牛の有名な質感を再現することができますが、潜在的に制御可能な量の脂肪に培養された肉の扉を開くことができます。

「この技術を改善すれば、美しい肉のような複雑な肉の構造を再現することができるだけでなく、 sashi 「和牛牛肉の脂肪と筋肉の構成要素を微調整します。」と主執筆者Michiya Matsusakiが言いました。

研究では、ジャーナルに発表された ネイチャーコミュニケーションズ

出所:大阪大学経由 有レク警告

READ  太陽表面のウイルスの画像は、NASAで撮影したものではなく、編集された。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close