理科

日本の科学者たちは、高齢化関連の病気を遅らせることができる治療薬の発見

日本の研究チームが、動脈硬化や糖尿病などの老化関連疾患の原因となることができる老化細胞のみを削除することができる薬剤を発見した。

東京大学、新潟大学、九州大学の研究者を含むチームは、薬物を使用して、ラットのこれらの疾患の症状を改善することに成功しました。

この発見は、このような老化関連疾患の治療および予防を改善するのに役立つことが期待されます。

発見に関する論文は、 米国学術誌Scienceに掲載 金曜日に。

細胞がストレスを受けると、老化細胞に変形して加齢とともに体内に蓄積されます。

高齢者のマウスを対象とした以前の研究によると、特別な方法を使用して、身体から老化細胞を除去することにより、動脈硬化や腎臓病の発症を遅延させることができます。

しかし、そのような細胞を除去するための医療用材料の使用は、これまでに発見されていない。

東京大学医科大学の教授であるMakoto Nakanishiと他のチームメンバーは、老化細胞が生存するために必要な遺伝子を探しグルタミン代謝に関連する遺伝子であるグルタミナ第1またはGLS1を確認しました。

研究者はまた、細胞小器官の異常が原因で老化細胞の内部が酸性化されるという事実を発見しており、GLS1は、細胞の内部を中和させ、生存を維持するために積極的に努めます。

GLS1阻害剤と一緒に投与したとき、高齢者のマウスの様々な臓器の老化細胞が除去され、腎臓、肺および肝機能の改善が確認されました。

動脈硬化症または糖尿病のあるマウスでも改善が示されている。

この阻害剤は、人体のGLS1も老化によってさらに活性化されるという事実を知ることになっ人体に類似の影響を与えると予想されます。

GLS1阻害剤は、すでに癌治療の候補として臨床試験に使用されました。

Nakanishiは「認知症のような他の年齢関連の病気を治療するためにも効果的であることがあります。 「今後5年から10年の間に(これらの目的のために)臨床試験を行うことができればよいでしょう。」

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  [소식]火星で「巨大な金鉱」が発見される! 一攫千金を求めて火星に向かう人類続出宇宙ゴールドラッシュ時代到来に! - TOCANA

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close