日本の科学者たちは歯の再生薬を提案し、臨床試験は問題にならないと約束します•The Register

1 min read

日本の研究者たちは、成功した動物実験に続いて、今秋の京都大学病院で歯の再成長薬のヒト実験を開始する予定です。

最初のテスト段階は9月に始まり、2025年までに30人の成人男性を対象に進行される予定です。 次のラウンドでは、先天的に歯が不足している2歳から7歳の子供を対象に薬をテストします。

「私たちは、歯の喪失や欠損に苦しむ人々を助けるために何かをしたいと思います」と上級研究員の高橋氏は言います。 言った 日本新聞毎日。 「現在まで永久的な治療法はありませんが、歯の成長に対する人々の期待が高いと思います」

新しい Miracle-Gro

歯を再び成長させることはあまり難しいことではなく、医学研究者たちは長年にわたってこれに注目してきました。 結局のところ、私たちは他の動物が歯を再び成長させることができることを知っています。

人間の歯の再成長に関する2013年の論文の著者であるCheng Ming Chuongは、 言った 10年前、私たちは人間の歯の再生がどのように機能するのかを調べるためにワニを見なければなりませんでした。 Chuongは、ワニの歯が3つずつ成長し、少なくとも数ヶ月間は人間も同じであると言いました。

ワニの場合、成熟した歯の下には若い歯があり、その下には新しい歯になる可能性がある幹細胞の芽があります。

「成熟した歯が落ちると、2番目の歯が成熟した歯になり、幹細胞は赤ちゃんの歯になります」とChuongは言いました。 「興味深いことに、彼らはこのプロセスを繰り返し実行できます。」

人間も同様の構造を持っていますが、幹細胞芽が不足しています。 Chuongによると、追加の歯の成長を妨げる分子経路を操作する方法だけを把握できれば、理論的に歯の喪失を元に戻すことができるという。

高橋に入ります。

2021年に彼のチームは 発見 子宮感作関連遺伝子-1(USAG-1)という遺伝子は、ラットのさらなる歯の生成を防ぐことが示されています。 同じ遺伝子を不活性化し、この遺伝子が調節するタンパク質の生産を中断すると、他の動物も迷子になったり、絶滅したりする可能性があります。 追加この。

動物を対象とした臨床試験が進行し、深刻な副作用が報告されていない状態で、高橋と彼のチームは、USAG-1が人間にとって安全であることが判明したら、ヒトでUSAG-1を抑制する準備ができています。

高橋と彼のチームは彼の会社を設立しました。 トレゲムバイオパマ USAG-1薬物を商用化し、2030年まで市販を目指している。 初期のテストは主に先天性歯の喪失に焦点を当てていますが、研究チームは虫歯、けが、その他の事故のために喪失した歯も再生可能であることを望んでいます。 ®

READ  日本アイスペース、世界初の商業用月着陸船発射
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours