技術

日本の科学者は、遺伝子組み換えワームを使用して癌を検出します – The UBJ – United Business Journal

日本のバイオテクノロジー会社は、膵臓を認識するのに役立つ別の方法を発明しました。 がん 開始段階で。 この手順は「C。 エレガンス」。 日本企業であるヒロツバイオサイエンスで作った製品だ。 がん患者の体液で健康な人から私は独特の匂いがするのは驚くべきことです。 呼吸や尿のサンプルから病気を区別する準備ができた犬を使用してさまざまな試みが行われました。 とにかく手順は単調です。

同社は、長さ約1ミリメートルの遺伝的に変形した虫が鋭い嗅覚を持っており、実際にがんにかかった人々のおしっこに反応しなければならないことを確認しました。 この検査は、分析者が癌を早期に検出できることを確認しました。 Hirotsuは、公開会議で「新しいテストは膵臓がんを診断する予定ではありませんが、施設を訪れることなく家庭で尿サンプルを蓄積できるため、日常の診察を支援するのに役立ちます」と述べました。


さらに、ワームが準備を完了すると予想した場合、患者はさらなる検査のために医師に推薦されると彼は言った。 線虫として知られている微細なワームに焦点を当てた過去の教育者だった高木ヒロツCEOは、AFPに「これは巨大な機械的進歩」だと語った。 彼は、様々な国と同様に、人々が臨床訪問を避けながら、大流行期間中に検診率が低下した日本のがんの発生率を支援するのに役立つと確信しています。

もっと読む:ダイヤモンドの中に新しい鉱物が見つかりました!

広津と大阪大学の点別「C. 「エレガンス」共同研究でがん認識能力は最近同伴者に散らばっており、「Oncotarget」ジャーナルを注視している。期間を持つ人々。

READ  YouTubeの動画から嫌いボタンを削除しましたか? いいえ、ここで何が起こっているのか

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close