日本の第1四半期の設備投資の増加、低迷したGDPに対する上方調整の示唆

1 min read

東京:日本企業は自動車需要と省エネ型投資に支えられ、1~3月に工場や機器への支出を増やし、第1四半期の景気後退が当初報告されたほど深刻ではないことを示唆しました。

このデータはまた、中央銀行が2007年以来初めて3月金利を引き上げた後、通貨政策の正常化を進めるための前提条件である民間部門主導成長の回復を指摘します。

月曜日の財務省資料によると、1~3月の日本企業の資本支出は前年同期比6.8%増加した。

速度は前四半期の16.4%に比べて鈍化し、季節調整四半期基準では4.2%下落したが、これは第12四半期連続上昇傾向を意味し、勢いが不均一であることを示している。

このデータは、6月10日に修正された国内総生産(GDP)の数値を計算するために使用されます。 予備のGDPデータによると、日本経済は第1四半期に年間基準で2.0%萎縮したことがわかりました。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「Capexは不確実なグローバル展望よりは国内需要に支えられ、今後数カ月以内に徐々に回復するだろうが、それほど強くない」と話した。

「公共事業への投資と在庫の増加を統合すると、この資本支出データはおそらく年間1.8%の減少に上方修正されるのに貢献します。」

先月発表された予備のGDP報告書によると、資本支出要因が第1四半期の成長を妨げていることがわかりました。

一部のアナリストは、月曜日の堅調な第1四半期の資本支出データは、中央銀行が時間の経過とともに金融政策の正規化を進める根拠を裏付けることができると述べています。

月曜日のMOF資本支出データによると、第1四半期の企業売上高は前年同期比2.3%増加し、経常利益は15.1%増加した。

第1四半期の企業利益価値は27兆4000億円で、自動車、化学、不動産投資その他のサービスに対する需要の増加で史上3番目に大きな規模を記録した。

READ  140カ国以上、ロシア戦争による展望の下方修正:IMF
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours