トップニュース

日本の第1野党CDP、「中産階級社会」公約

第1野党である立憲民主党は水曜日富の再分配を推進し、日本の「中産階級」国に復帰したいと公約した。

CDPは、10月31日の総選挙是正公約で年収1000万円以下の個人に1年間所得税を免除し、低所得者には年間12万円を現金で支給すると発表した。 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)危機対応のための緊急措置だ。

加えて党はファンデミク(世界大流行)が真にされた後、需要を刺激するための一時的な措置で消費税率を現行の10%から5%に下げることを約束した。

CDPは税制優遇や現金支援のための資金を調達するために、大企業が所得税を多く出せるように、企業の累進税を導入し、富裕層の最大所得税率を引き上げることを提案した。

政党は、金融所得に対する課税を強化すると有権者にさらに確信させたが、これは、法案の検討を事実上延期した岸田文雄首相と対照をなす。

枝野枝野大臣は、安倍晋三元首相が出したリフレーション政策ミックスのアベノミクスが中産層を打撃して所得格差を拡大すると批判しながら「付加正しく再分配場合、すべてを実現することは難しくないだろう」と述べた。 – 中産階級社会」

彼は「私たちは、政府の選択を提示することができた」と強調した。

CDPは、経済対策のほか、国境管理を強化し、ポリメラーゼ連鎖反応テストの国の能力を強化し、国家のCOVID-19回復力を高めるために病床と公立病院の数を減らすため、既存の計画を検討すると約束しました。

また、原発建設・増設禁止、夫婦オプション二重の早期導入、沖縄宜野湾米海兵隊普天間空軍基地移転事業の廃止などを公約に掲げた。 県最南端の別の都市名護市にある辺野古沿岸地域。

一方、CDPは改憲問題について党内分裂により改憲問題に対する立場を明確に明らかにしなかった。

加え遊ぶ「今、この問題に莫大な政治的エネルギーを使用する余裕がない」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  まれな動きで、日本の規制機関、苦境に立たさMizuhoでコンピュータシステムの監督 - ソース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close