トップニュース

日本の第2世代原爆生存者のグループは、偏見、低政府支援の中に後退



広島平和記念公園と原爆ドームは、毎日新聞ヘリコプターで撮影した写真で見ることができます。 (毎日/イカイ健二)

NAGASAKI – 日本の第2世代のひバクーシャーの主な組織16のうち13個で会員数が減少したり、増加する兆しが見えない – 第二次世界大戦中、日本に対する米国の原子爆弾の直接的な影響を受けた人々の子供 – 毎日新聞調査公開しました。

原子爆弾が投下されてから76年が過ぎたが、人々はまだ差別と偏見を恐れて第2世代のヒバクーシャロー自分を明らかにすることができないと感じている。

第2世代のひバクーシャーは被爆当時胃の中にいた子供を除いて被爆生存者の子をいう。 日本の第2世代の原爆生存者連絡協議会は、日本で30万〜50万人程度があると推定しているが、16個の主要な団体の会員数は約1000人に過ぎない。

多くの第2世代のひバクーシャーが差別と偏見に対する懸念に率先してないように見えるが、政府は正確な数値を持っていません。 多くの第2世代のひバクーシャーが健康について心配しているが、政府は現在、彼らのために原爆の遺伝的影響を「認めない」。 。

毎日新聞は、日本被爆者団体連盟(日立立立立堂)15団体と長崎の1つの団体の話した結果、長崎県と鹿児島県で二番目に会員数が著しく減少したことが分かった。 – 世代ヒバクーシャーのグループ。 数年前に長崎のグループの約100人ほどの会員が65人で落ち、鹿児島の場合、2014年頃には約170人の会員が約100人に落ちました。 石川県の第2世代のひバクーシャグループは、今回の会計年度末に解散する。

長崎グループのメンバーは、ひバクーシャーの核兵器廃棄のための国際署名キャンペーンと長崎市の家族や他の人々の間にヒートバクーシャー証を伝達するためのイニシアチブに参加したが、グループの佐藤直子副局長は「関心は、50〜70台集中を越えない」と述べた。

ひダンキョに所属していない長崎2台ヒバクーシャーグループでは、73歳の丸尾イクで会場を中心に人生のストーリーを伝えるための努力が開始されたが、より多くの会員が参加していませんでした。 広島県の第2世代のひバクーシャーグループも証し撮影などの活動をしているが、会員数は100人前後にすぎない。 明らかなことは、爆弾が投下された地域の2歳のグループが、新しいメンバーを見つけるのに苦労しているという点である。

床のひバクーシャー2世の偏見についてこう語った。 一つを識別し、グループに参加してください。 ”

丸尾の母はひバクーシャーであった。 職場での労働組合の参加は、彼のひバクーシャー保護運動を触発させ、周囲の多くの人が口を閉ざしているにもかかわらず、彼はひバクーシャー経験を聞き続けて、他の努力をしました。

50代になると、彼と一緒に運動していた2台ヒバクーシャーとその家族が一つ二つ死ん始めた。 2018年、膵臓癌の診断を受けて、2020年に再発した。 治療が不可能であるという診断を受けた。 彼は今、放射線の影響が第2世代に至ったと考えを消すことができないと固く信じています。

生き残ったひバクーシャーが減って記憶を後世に委ねることが多くなり、根深い差別と偏見、自分の健康のために心配に私の意味をネベトジない2歳が多い。 Maruoのグループには匿名でキャンペーンをして実名を公開しなければならない理由で上級職を拒否する会員がかなりあります。 さらに、グループは、2歳のメンバーの年齢が入る効果を感じている。 彼は「未来の行動主義は縮小されるべきこともある」と明らかに懸念を表明した。

日本で最大のグループである東京2世代ヒバクーシャーグループのOrizuru no Ko(大まかに折り紙鶴の子供に訳さ)で146人の会員の多くは、仕事と親の世話をするなどの負担を抱えて参加します。 。 したがって、個々のメンバーの貢献が制限されます。 さらに、コロナ19ファンデミクにこれらの努力に影が縁たし、2020年以降は、主にオンラインでの活動を開始したことが分かった。 グループ代表は毎日新聞に「メンバーとヒバクーシャー間の交流も減った」と話した。

このグループは、将来のために何をすべきか? 床の “第2世代のひバクーシャーの政府の支援が現実化なら行動に弾力を与えるだろう」と述べた。 続いて「爆弾が投下された直後から活動を開始したヒバクーシャーはほとんどない。 原爆生存者支援法が制定されて生計が保障され、「灘」と言うことができる人が増えた。 やはりヒバクーシャー」

現在、第2世代ひバクーシャーは原爆生存者支援法対象ではない。 1年に一度だけの健康診断を受けることができ、この制度に対する認識も不十分である。 その結果、適格者の少数だけが使用します。

これらの全体的な傾向にもかかわらず、実際にいくつかの地域では、会員数が増加しています。 約130人の会員を保有している神奈川県ベースの第3世代と第2世代のひバクーシャーグループの104人の会員を保有している兵庫県ベースの第2世代のハイバクーシャー会員数が増加傾向を示しました。

両方のグループ、第2世代のヒバクーシャルルため、市政府が運営する健康診断の紹介資料と一緒に広告を同封します。 良い年にKanagawaグループのメンバー数は約10人が増加したのに対し、2019年と2020年にはHyogoグループのメンバー数が合計で約40人が増加したことが報告されます。

Maruoは次のように求めました。 「まず健康診断を受けるために、より多くの人々が必要です。これは可能な限り、私たちはどのように多くの第2世代ひバクーシャーがサポートを受けることを望んで国に見せることができるでしょう。」

(Japanese original by Atsuki Nakayama、Nagasaki Bureau)

READ  日本の国防輸出が開始することができますか? - 外交官

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close