経済

日本の第4四半期のビジネス雰囲気改善の可能性、オミクロンクラウド展望

東京、12月10日(ロイター) – 12月まで3ヶ月間、日本のビジネス雰囲気が改善され、11月にも堅調なグローバル需要のため輸出が継続して受益を受けたとロイターが調査した結果、政策立案者たちは経済がファンデミックに起因する低迷から徐々に外れていることを願っていると述べた。

このデータは、来週の緩和政策を維持し、3月に期限切れの感染症救済基金計画を段階的に廃止するかどうかを議論する日本の銀行にとって良い兆候です。

ロイターが調査したアナリストによると、BOJが綿密に注視した「タンカン」アンケートによると、12月の大型メーカーの心理ヘッドライン指数が3ヶ月前のプラス18からプラス19に急騰したことが分かりました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

ミズホ・リサーチ・アンド・テクノロジーズのアナリストは、「チップ不足という最悪の状況が過ぎ、東南アジア工場の閉鎖による供給制約が徐々に緩和され、メーカーの心理が改善されるだろう」と話した。

9月30日、感染症の撲滅のために緊急事態を解除したことが消費を扶養するのに役立ち、大型非製造業者の感情指数もプラス2からプラス6に改善されたことが分かりました。

調査では、大型メーカーと非製造会社の両方が3ヶ月前に状況が改善すると予想し、展望に対する企業の楽観論が大きくなっていることを強調しています。

タンカンはまた、大企業が3月に終わる会計年度に資本支出を9.8%増やす計画であることを示しています。

しかし、アナリストは12月、タンカンは最近、Omicronの新しい亜種の拡散の影響をあまり考慮しないようだと述べた。

市場はまた、BOJが次の週にファンデミック救援資金援助を縮小することを決定するかどうかについての手がかりを得るために企業資金を測定するタンクカーン指数に焦点を当てています。

BOJは現地時間で12月13日午前8時50分(12月12日2350GMT)にアンケート調査を発表する予定です。

日本の貿易収支に関する別のデータによると、11月の輸出は前年同期比21.2%増加し、堅実なグローバル需要が経済を支え続けているという信号だとアンケートは明らかにした。

企業資本支出の先行指標である機械類の注文は10月に前月より2.1%増加すると調査された。

政府は12月13日午前8時50分(12月12日2350GMT)に機械類注文データを発表し、12月16日午前8時50分(12月15日2350GMT)に貿易データを発表する予定だ。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Sam Holmesによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  インタビュー:日本経済低迷の物価上昇信号不足

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close