経済

日本の第4四半期の設備投資増加、供給支障が見通しを複雑にする

  • Q4 capex +4.3% y/y、季節調整 +3.4% qtr/qtr
  • メーカーのcapex +5.1% yr/yr、非製造業者+3.8%
  • 企業の第4四半期経常利益+24.7%yr/yr、売上+5.7%yr/yr

東京、3月2日(ロイター) – 日本企業は10~12月に第3四半期連続工場および装備支出を増やした。

企業支出の堅調な回復は、ウクライナ危機が世界経済に打撃を与えることを脅かしながら、国家の経済回復を強化しなければならないという圧力に直面している政策立案者たちの心配を和らげるでしょう。

財務省(MOF)が水曜日に発表したデータによると、昨年第4四半期の資本支出は前年同期比4.3%増加し、第3四半期連続の増加を記録した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

これは前年同期比1.2%増加した第3四半期より高い。

松野信之田中央銀行研究研究所のシニアエコノミストは、「全体的な心理が改善されているが、資本支出が徐々に完全な回復を見せるかどうかを見なければならない」と述べた。

「資本支出は全体的に悪くなく、企業は投資に多少遅れている。しかし、供給制約による圧力に直面している」。

Tsunodaは、来週の水曜日の締めくくりである修正国内総生産(GDP)を計算するために使用される数値が予想よりもやや強く、GDPで資本支出コンポーネントが小幅に上昇する可能性があると付け加えました。

このデータは、自動車部門が感染症による生産中断および部品供給不足を処理したため、1月に工場生産量が驚くほど大きな下落を記録した後です。 もっと読む

世界3位の経済大国は7~9月に萎縮したが、昨年末の消費回復傾向に支えられ、年率5.4%の暫定成長率を記録した。 もっと読む

しかし、それはウクライナの危機が発生し、コロナウイルスのオミクロンの亜種が家庭で記録的な感染の急増を引き起こす前でした。

水曜日のデータによると、製造業者のビジネス支出は1年前より5.1%改善したのに対し、サービス部門企業の支出は3.8%増加しました。

10月~12月の資本支出は、季節調整基準で前四半期比3.4%増加したとMOFデータが示した。

10~12月の企業経常利益は前年同期比24.7%、売上は5.7%増加した。

政府関係者は、調査の結果、自動車部門の経常利益と売上が継続的に弱気を示したと述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Daniel Leussinkの報告Shri Navaratnamによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  サブまとめ割サービスApple One、日本でも発売。個人プランは月に1210円に比べ - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close