スポーツ

日本の管理は、PMの息子に関するスキャンダルで処罰

日本の通信部は、水曜日義久にシュガー首相の長男と彼の同僚の幹部が、衛星放送で支払った豪華な夕食を受諾した疑いで11人の高官を処罰したが、これはすでにスキャンダルに包まれたシュガー政府の最近の戸惑いのことである。

この事件は、最近週刊誌週刊分の順報道したところによると、最近ス歳と衛星放送東北シンシャフィルムの他の役員が通信事業を管掌する総務省の関係者を接待したと報道した。

水曜日、文部科学省は、倫理規範に違反して高価なディナーやプレゼントを受け取った11人の大臣の給与削減や叱責を含む罰金を発表した。

武田良太総務部長官は記者会見で、この事件により、政府に対する国民の信頼を失うことになったのが残念スロプダゴた。 武田は自分が3ヶ月の給与を削減していると述べ、事件の詳細については調査することができる調査パネルを構成するように政府に命じた。

省庁の内部調査によると、仏の関係者は、2016年から2019年までに約40回にわたり計60万円($ 5,700)に達する夕食やプレゼントを受けた。

シュガーは、今週の息子が関係者を催して謝罪した。 しかし、シュガーは息子の事業活動に関与したり、省公務員を催すことについての知識を否定した。

国家公務員倫理法は公務員が有利な待遇をしたい個人や企業からの処置、ギフトや接待を受けることを禁止します。

このスキャンダルは、支持率が下落している首相に大きな不満になることがあり、世論調査の回答者は12月末の感染が最高値を記録したときにコロナウイルス対策を取るには余りにも遅いました。

READ  サイ・ヤング賞最ユリョクヌンダルビッシュ/担当記者予想 - MLB:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close