経済

日本の経常収支の衰退は円の弱体化を強調

TOKYO – 日本の8月経常収支黒字は、円安が輸入費用を膨らませて外国部を蓄積することができる日本の能力に疑問を提起し、通貨の大切な安全避難所の地位を浸食することで悪化した可能性があります。

中国に続き世界2位の日本の外国為替保有高が先月、政府の円急落を防ぐためのドル売り介入以後急減しながら下落した。

ロイター世論調査によると、世界3位の経済大国の8月経常収支黒字は7月半分の1220億円(8415万ドル)に減った。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「グローバル景気低迷で輸出物量が弱まっており、エネルギー価格の上昇と円の下落で収入が増え続けている」と話した。

現在のアカウントデータは10月11日午前8時50分(2350 GMT 10月10日)に終了します。

先月発表されたデータによれば、日本はエネルギーコストの急増と円安で輸入が49.9%急増し、輸出増加を上回った。

日本は海外投資収益で貿易赤字を相殺し続けていますが、国際収支の悪化は、追加のドル販売介入資金を調達するのに十分な弾薬を備えた貿易強国というイメージに反する経済の構造的変化を強調するとアナリストらは言います。

日本企業が円高で輸出競争力が落ちると、数年間海外生産工場を移転した結果、海外投資収益は近年着実に増加しました。 今、政策立案者は、円安が輸入コストと生活費を増やすことを懸念している。

かつて輸出の力と安全資産である円に対する確信の源泉とされていた日本の経常収支黒字は、日本の貿易収支の悪化により3月まで4年連続減少しました。

黒田春彦日本銀行総裁は、部分的には円安に伴う輸入費用の上昇が燃料と食品の輸入への依存度が高いため、国内部を海外に枯渇させ、家計や企業に被害を与えると警告した。

岸田文夫首相の上級パネル顧問たちも、4月に政府に円の致命的な暴落を避けるために経常収支黒字がさらに縮小することを防止するよう求めた。

不要な円の下落を防ぐために苦労しているKishidaは、現在より多くのインバウンド観光を誘致し、農産物の輸出を促進するなど、円安の利点を最大化しようとしています。

しかし、アナリストたちは、グローバルな景気後退のリスクが近づいてきて、日本経済がインフレの上昇と輸出見通しに対する濃い雲による苦しみに耐えるかどうか疑っています。

「日本の経常収支は今年の赤字に変わる可能性があります。 SMBC日光証券の丸山吉正首席市場エコノミストは「赤字が続くとは思わないが、経常収支黒字は傾向に縮小するだろう」と話した。

「それは日本の所得力の弱体化を反映したものかもしれません。 日本が衰退しないようにするには、投資先としてより魅力的にするよう努力しなければなりません。

($1 = 144.9800円)

次へ読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 インカイアプラス The Philippine Daily Inquirerや他の70以上のタイトルにアクセスし、最大5つのデバイスを共有し、ニュースを聞き、午前4時からダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 896 6000に電話してください。

フィードバック、苦情、またはお問い合わせについて お問い合わせください。

READ  阿部辞任、アベノミクスの2つの大罪| 小幡実績| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close