経済

日本の経済と伝染病の間の難しい選択(ポッドキャスト)

購読 Stephanomics Appleから ポッドキャスト
購読 Stephanomics Spotifyで

東京オリンピックがした月もたたない残っ労働者たちは開幕式に再建された国立競技場を用意しています。 しかし、日本が経済を再充電して、観光客を誘引することができる機会がなければならないのは、1億2,600万人への懸念の源です。 今週のポッドキャストで、東京に拠点を置く経済記者武雄優子は、日本の五輪進出決定について詳しく説明します。 次に、ホストステファニーフランダースがパリの経済記者であるウィリアム号ロビンとグループ7の画期的な法人税取引について話して、アメリカの経済記者オリビアロックだけスタンフォード大学の経済学者ニコラス・ブルームに在宅勤務革命が仕事を悪化させることができる理由について話します。 不平等。

元多くの日本人は、オリンピックが1964年の景気と一致するか、さらには改善されることを願ったが、これは国の増加、製造の影響を示して予告された高速列車の開発につながりました。 もう1年後の主な目的は、単に観光を強化することです。 しかし、伝染病はまだすべてのゴトウルガます。 日本人の80%以上が、オリンピック開催に反対しており、最大の恐怖は、スーパー拡散イベントになることをでしょう。 しかし、日本の指導者たちに、今オリンピックをキャンセルすることは、彼らが感染症に対する統制力を失ったと宣言するのと同じです。

READ  JBL初のゲーマーのためのスピーカー「Quantum Duo "が国内発売。2つの仮想サラウンドサウンド機能をサポート

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close